そろそろ桜も開花?お花見にちょうどいい「やりすぎない、大人のデートコーデ」

みんなのライフスタイルがどんどんヘルシーに進化しているここ数年。最近増えたアウトドアのデートで、彼からの「いいじゃん!」を引き出す着こなしを、メンズスタイリストと一緒に考えました。デートだけでなくイベント時にも役立つコーデは必見です。

【お花見デート編】みんなで外飲み

まだ寒さが残る時季にやってくるお花見の席。桜も似合う、華やかな色・柄を取り入れた、春らしさを感じるレイヤードが理想です。

重ね着しても春らしい軽さが残せる〝ベージュ〟で作る休日コーデ

地べたでも脚の動作が楽なフレア

地べたでも脚の動作が楽なフレアスカートで可愛く防寒
ベージュでトーンをそろえれば、着込んでも重くならずきちんと春らしさもキープ。Gジャン¥33,000(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)スウェット¥31,900(RH ヴィンテージ/ロンハーマン) Tシャツ¥15,400(ジ インターナショナル アート コレクション/エイチ ビューティ&ユース)スカート¥24,200(マイカ アンド ディール/マイカ アンド ディール 恵比寿本店)スニーカー¥102,300(ピエール アルディ/ピエール アルディ トーキョー)サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥31,900(マリハ)ネックレス¥46,200(アルポ/ZUTTOHOLIC)
[男性]レザージャケット¥69,300(エー レザー/エー ブティック)、フーディ¥6,380(タウンクラフト/セル ストア)、パンツ¥20,900(グラミチ×エストネーション/エストネーション)、シューズ¥25,300(パントフォラ・ドーロ/アドナスト ミュージアム)

\スタイリストからのコメント/
・モノトーンもカッコいいと思うけど、桜とテンションを合わせた春らしい着こなしの人を見るとオシャレだな~と思います(齋藤さん)
・桜の季節ってまだ寒いからいろいろ着ないとしんどいけど、ベージュ系なら冬っぽさのないレイヤードになっておすすめです(児嶋さん)

撮影/山根悠太郎(TRON)モデル/土屋巴瑞季、ヒカルド ヘアメーク/川村友子  スタイリング/児嶋里美[女性分]、齋藤良介[男性分]取材/野田春香 撮影協力/テラススクエア 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup