【サンローラン】「黒を重ねる」がキーワード!大人カッコいいモノトーンコーデに挑戦

花ちゃんが20代から愛用し、着続けているブランドのひとつである〝サンローラン〟が今回のテーマ。「着るだけで自信が持てる」「ブランドがイメージする女性像が好き」と、信頼度は絶大。メゾンを象徴する黒、そしてアイコンアイテムを使った3つのスタイリングで、その魅力に迫ります。

今回のメゾンブランドは「SAINT LAURENT」

History
イヴ・サンローランによって1961年にオートクチュールメゾンとして創業。1966年よりプレタポルテラインがスタート。スモーキングやシアー素材、パンタロンなど世界的なムーヴメントを巻き起こす革新的なクリエイションで一世を風靡する。現クリエイティブ・ディレクターはアンソニー・ヴァカレロ。モダンでエッジの効いた世界観でモード界を牽引し続けている。

黒を重ねる装いで自分らしく味わうマチュアな女性像

しっかりとした地厚なコートをベ

しっかりとした地厚なコートをベースに、シルクとレースのワンピースやしっとりとした落ち感とフレアなフォルムのパンツでリズミカルなスタイリングに。芯のある大人の女性ならではの着こなし。コート¥462,00000パンツ¥253,000バッグ「GABY ZIPPED POUCH」〈H9×W13×D3.5㎝〉¥152,900 シューズ[参考価格]¥165,000(すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン クライアントサービス)

「黒」の印象が強い〝サンローラン〞で挑戦したかったオールブラックコーデです。このカバンコートもイヴ・サンローランのヘリテージのひとつ。フレアパンツとレースのトップスがグラムなニュアンスを引き出し、アンソニーが考える今のメゾンのムードを表現してみました。
ファッションに対する私の基本スタンスは、デザイナーの想いやインスピレーションを汲み取りながらスタイリングしていくという考え方。もちろん、甘辛ミックスだったり着崩したりという今のトレンドも楽しんでいますが、カッコいいものはカッコよく、エレガントなものはとことんエレガントに、というほうが本来は好きなのです。〝サンローラン〞なら成熟した大人の女性。ハンサムであり、あくまでも上品で特別なオーラを堪能したい。間違いなく、一生着続けるブランドであることを確信しています。

撮影/阿部裕介(YARD)モデル/松島 花 ヘアメーク/森野友香子(Perle management)スタイリング/荒木里実 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup