2023年タイツを選ぶなら…「おすすめのカラーと最新大人コーデ」を紹介!

寒さという現実的な問題を前に、洒落感や可愛げとは遠ざかる着こなしになったり、コーデにマンネリを感じたり…。あか抜けるには「首」「手首」「足首」の3首出しが主流ですが、冬はあえての3首隠しできるちょい足し小物で、オシャレも防寒も諦めない!
今回は足首を隠すなら今年は狙い目!ニュアンスカラーの「タイツ」を紹介します!

【タイツ】溶け込みつつ、引き締める万能“ダークグレー”一択!

洋服と親和性の高いグレータイツで統一感のある着こなしに
黒よりも洋服に溶け込みやすいグレーは、全身のまとまり感や完成度を引き上げてくれます。タイツ¥1,650(17℃/17℃ by Blondoll 横浜ジョイナス店)カーディガン¥154,000(ザ ニューハウス/アーク インク)シャツ¥36,300(THIRD MAGAZINE)ニット¥27,500(カオス/カオス丸の内)パンツ¥18,700(カデュネ)バッグ¥4,950(ケルティ/アリガインターナショナル)ブーツ¥33,000(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)キャップ¥5,500(アッパーハイツ/ゲストリスト)ピアス¥9,240(チビ ジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)ネックレス¥19,800(マリハ)

撮影/川原崎宣喜〈人物〉 モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/児嶋里美 取材/広田香奈 撮影協力/フーフー飯店 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup