着回しDiary

黒のロングコートと定番デニムで冬の大人可愛いコーデ【着回しDiary】

ロゴスウェットにストライプシャツを重ねてきれいめに【着回しDiary】

12/3(土曜日)
幽霊、魔女、狐、JOKERから
男女入れ替わりまで…CLASSY.の着回し
って本当に変わってて面白いんだよね…!

街を歩いていても着回しのネタを

街を歩いていても着回しのネタを探しちゃう!面白いのはもちろんだけど、読者に共感してほしいし、ちょっと勇気をもらえるようなストーリーにしたいな。スカーフ¥3,630(ビーミングby ビームス/ビーミング ライフストアby ビームス ららぽーとTOKYO-BAY店)バッグ¥31,900(VASIC/ヴァジックジャパン)パンプス¥15,400(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)

今回の着回しDiaryは…
今月の主人公は新米エディター女子。憧れのファッション誌編集部に異動し、最初に担当する企画は…なんと『着回しDiary』!?よくみなさんに聞かれる、「着回しってどうやって作ってるの??」に答える舞台裏の様子もたっぷりお届け!
オシャレだけどきちんと感もあるベーシック×トレンドの16着と一緒に、師走を駆け抜けるエディター・茜にご注目を!

CLASSY.編集部に
異動になった茜が着回すのは
ベーシック×トレンドのアイテム

  • CLASSY.編集部に 異動に

    白ロンT
    一枚ではもちろん、レイヤードとしてちらっと〝差し白〟もできるシンプルなカットソーは冬の必需品。¥20,900(チノ/モールド)

  • CLASSY.編集部に 異動に

    スキニーデニム
    ノンダメージのインディゴデニムなら、オンオフ使い倒せます。¥20,900(レッドカード トーキョー/ゲストリスト)

  • CLASSY.編集部に 異動に

    リバーコート
    さらっと着流せるリバーコート。この冬は大人っぽいブラックが正解!¥42,900(ノーク バイ ザ ライン/クロスプラス)

この話の主人公は…
茜、30歳。座右の銘は「真面目が一番」。熱心な赤入れで編集部からもイチモク置かれていた校閲女子だったが、雑誌編集をやりたいというアツ~い想いを内に秘めており、念願叶って異動。ただでさえ慌ただしい12月、着回しを担当することに…!

撮影/清藤直樹〈静物〉 スタイリング/児嶋里美 取材/佐藤かな子 再構成/Bravoworks.Inc

「コート」関連記事

真野恵里菜さんが着てみた!「身長が低い人におすすめのコート」3選

おなじみのコスパブランドで手に入る!「毎年売れ続ける人気のコート」3選

人気ブランドの「売れ続いている名品コート」【カラバリ豊富で軽い!優秀すぎコート】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus