ロゴスウェットにストライプシャツを重ねてきれいめに【着回しDiary】

12/2(金曜日)
さっそくテーマを考えなくちゃ。
何を題材にしよう…?
まずはネタ探し!
東京でリアルに生きる女子たちに読調だ!

『着回しDiary』の命はテー

『着回しDiary』の命はテーマ。読者に刺さって、写真も面白くなるような…そんな題材ないかな!?ロケハンも兼ねて、行ってみたかったカフェで読調。ふむふむ、最近のアラサーOLは恋に臆病になりがちなんだ…何か使えそう!バッグ¥22,000(ラ メゾンド リリス/エストネーション)ピアス¥10,890(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)リング¥33,000(マリハ)

読調【どくちょう】

読者調査の略。企画のヒントや人気コーデのリサーチのために、実際に読者に会って話を聞くこと。オシャレに恋バナに盛り上がって、実際はほとんど女子会。

今回の着回しDiaryは…
今月の主人公は新米エディター女子。憧れのファッション誌編集部に異動し、最初に担当する企画は…なんと『着回しDiary』!?よくみなさんに聞かれる、「着回しってどうやって作ってるの??」に答える舞台裏の様子もたっぷりお届け!
オシャレだけどきちんと感もあるベーシック×トレンドの16着と一緒に、師走を駆け抜けるエディター・茜にご注目を!

CLASSY.編集部に
異動になった茜が着回すのは
ベーシック×トレンドのアイテム

この話の主人公は…
茜、30歳。座右の銘は「真面目が一番」。熱心な赤入れで編集部からもイチモク置かれていた校閲女子だったが、雑誌編集をやりたいというアツ~い想いを内に秘めており、念願叶って異動。ただでさえ慌ただしい12月、着回しを担当することに…!

※タイツとソックスはすべてスタイリスト私物です。

撮影/遠藤優貴〈人物〉、清藤直樹〈静物〉モデル/堀田 茜 ヘアメーク/神戸春美  スタイリング/児嶋里美 取材/佐藤かな子 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup