「この秋、確実に来る着こなしの小ワザ」を大人気スタイリストに調査してみた

つい借りてしまうお気に入りアイテム、密かにハマっているテクニック、一気に鮮度が高まるトレンド配色…あえて取り上げないけれど、実はきている私的ブームのあれこれをCLASSY.の3大スタイリストにリサーチ。シーズン初めから多くの新作を見て触ってコーデを組んできた3人の「気になる」からネクストトレンドが見えてきた!

CLASSY.のオシャレ番長によるこれから確実に来るもの【靴下合わせ】

足元でカジュアル度を高めるサンダル×ソックスが秋の定番

「重みを出したり、カジュアルに

「重みを出したり、カジュアルにハズしたり、足元にポイントをおくバランスが気分。マキシスカートからチラッとのぞかせるくらいなら抵抗なく取り入れられるはず」。ワンピース¥46,200(ヌキテパブラック/TOMORROW LAND)ニット¥6,930(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)キャスケット¥17,600(ANAYI)ソックス¥1,144(ユナイテッドアスレ/キャブ株式会社)ピアス¥5,400(アビステ)バングル¥19,800(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)サンダル¥26,400(カミナンド/グラビテート)バッグ¥22,000(クリスチャン ヴィラ/デミルクス ビームス新宿)

教えてくれたのは…スタイリスト

教えてくれたのは…スタイリスト・乾 千恵さん
ドラマティックな大人フェミニンといえばこの方。最近ではスタイリングだけでなく私服でもパンツ率が高まるなど、進化と変化が止まらない。

撮影/菊地 史(impress+)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉モデル/堀田 茜 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/乾 千恵 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup