「この秋、確実に来るトレンドっぽい着こなし」を大人気スタイリストに調査してみた

つい借りてしまうお気に入りアイテム、密かにハマっているテクニック、一気に鮮度が高まるトレンド配色…あえて取り上げないけれど、実はきている私的ブームのあれこれをCLASSY.の3大スタイリストにリサーチ。シーズン初めから多くの新作を見て触ってコーデを組んできた3人の「気になる」からネクストトレンドが見えてきた!

CLASSY.のオシャレ番長によるこれから確実に来るものたち

【マリンニュアンス】

紺、ボーダー、パリっぽさ懐かしいトレンドがリバイバル

「ちらちら見かけるお久しぶりの

「ちらちら見かけるお久しぶりのネイビー。Gジャンやコンパクトなトップスなど、これまたリバイバル中のアイテムでまとめれば、進化した大人のマリンに」。Gジャン¥42,900(ハイク/ボウルズ)ボーダーカットソー¥12,100(ルミノア/ゲストリスト)パンツ¥42,900(ユニオン ランチ/サザビーリーグ)帽子¥8,800(アルアバイル)バッグ¥169,400(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥53,900(ペリーコ/アマン)イヤリング¥3,150 ブレスレット¥29,400(ともにアビステ)バングル¥6,330(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)

教えてくれたのは…スタイリスト

教えてくれたのは…スタイリスト・大野千歩さん
甘さと辛さとベーシックの絶妙なさじ加減が持ち味。着る人のセンスを引き出してくれる計算された上級シンプルに、スタッフからも厚い信頼が。

撮影/菊地 史(impress+)モデル/堀田 茜 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/大野千歩 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup