今年の秋は「紺ブレ」に柄を合わせたい!おすすめボトムスを紹介

通勤にも週末にも、みんなが頼りにしている紺ブレ。〝王道〟というだけあってありきたりに見えたり、古く見えないように、着こなしの鮮度を上げる意識が必要です。でも実は、難しい攻略法は不要!なぜなら、難易度の高いトレンド服や着こなしに挑戦しても、紺ブレが全部受け止めてくれるから。

柄アイテムと合わせるなら

華やかな存在感で、着るだけで気分が上がる柄アイテム。ただ目立ちすぎると、too muchな印象になることも…。そんな時も柄のインパクトをまろやかにしてくれるのが紺ブレ。どんな柄もお任せ!

紺ブレ×ドット柄

秋のクラシカルを満喫!大胆なドット柄だって紺ブレでキレイめに着地

紺ブレ以外は、ドットから拾った

紺ブレ以外は、ドットから拾った茶系のアイテムでまとめて色数を抑えて。ジャケット¥40,700(マイカ アンド ディール/マイカ アンド ディール 恵比寿本店)カットソー¥11,000(Edition/Edition 表参道ヒルズ店)スカート¥37,400(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)バッグ¥59,400(FURLA/FURLA JAPAN)パンプス¥27,500(カルチェグラム/デュプレックス)チェーンネックレス¥25,300〈フルオブグレイス〉ブラウンバングル¥21,780イエローバングル¥17,710〈ともにベンアムン〉(すべてZUTTOHOLIC)

撮影/松永大樹 モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup