もう紺ブレを去年のように着ない!「古く見えない着こなしのコツ」

通勤にも週末にも、みんなが頼りにしている紺ブレ。〝王道〟というだけあってありきたりに見えたり、古く見えないように、着こなしの鮮度を上げる意識が必要です。でも実は、難しい攻略法は不要!なぜなら、難易度の高いトレンド服や着こなしに挑戦しても、紺ブレが全部受け止めてくれるから。

カラーアイテムを合わせるなら

今季のカラーアイテムは、くすみ系でもパステルでもなく、ひと際目を引く鮮やかな発色に注目!紺ブレならどんなカラーともマッチするだけでなく、カラーアイテムに落ち着きを添えて、上品に着られるのも魅力です。

紺ブレ×グリーン

辛派にも甘派にも支持される洒落見えグリーンで簡単アップデート

ジャケット¥39,600(ジャ

ジャケット¥39,600(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ銀座店)ボーダーカットソー¥5,940肩からかけたニット¥13,200(ともにビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)スカート¥37,400(ANAYI)バッグ¥19,800(ヴィスク/ルル・ウィルビー)スニーカー¥84,700(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)ピアス¥18,150バングル¥21,230〈ともにソコ〉リング¥10,340〈フルオブグレイス〉(すべてZUTTOHOLIC)

撮影/松永大樹 モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup