特集

大人女子におすすめ!初夏のデニムコーデ6選【太め&ワイドデニム編】

通年で使える定番アイテム、『デニム』を使った着こなし。デニムコーデを今年っぽくアップデートするなら、シルエットや合わせるアイテムが重要です。そこで今回は、初夏におすすめなデニムコーデ6選をご紹介していきます。今回はワイドデニム編です!

大人女子におすすめ!初夏のデニムコーデ6選【スキニー&ストレート編】

大人女子向け!初夏のデニムコーデ6選【ワイド編】

  • 通年で使える定番アイテム、『デ

    【シャツワンピ×ワイドデニム】
    春カラーの大人カジュアルコーデに
    暖かくなってきた今の時期に大活躍するシャツワンピは、ブルーのストライプをセレクトして春らしく爽やかに着こなして。ワンピと同系色のブルーデニムをレイヤードして、コーディネートにひと手間を加えたい。肩掛けしたニットは、ブルーと相性抜群なレモンイエローを。こなれ感たっぷりな休日コーデの完成です。シャツワンピース¥14,300(スローブ イエナ/スローブ イエナ自由が丘店)肩にかけたニット¥24,200(エストネーション/エストネーション)デニムパンツ¥29,700(THIRD MAGAZINE/THIRD MAGAZINE)眼鏡¥28,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ネックレス¥16,500(ダグ/アルアバイル)ピアス¥17,600ブレスレット¥19,800(ともにウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)シューズ¥26,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)バッグ¥40,700(モダン ウィーヴィング/ショールーム セッション)

  • 通年で使える定番アイテム、『デ

    【フェミニン×カジュアルの絶妙バランス】
    トレンド感満点のお出かけコーデに
    女っぽさ満点のシースルーニットは、ワイドシルエットのデニムでカジュアルに着こなすのが今年っぽい!足元はニットとリンクさせた、白のミュールで抜け感を意識して。仕上げにストローハットをプラスすれば、春らしさ満点のお出かけコーデの完成です。ニット¥96,800(ドゥロワー/ドゥロワー六本木店)中に着たタンクトップ¥7,700(スリードッツ/スリードッツ青山店)デニムパンツ¥29,700(ハイク/ボウルズ)バッグ¥262,900(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥160,600(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)ハット¥26,730(メゾン・エヌ・アッシュ・パリ/エリオポール代官山)ピアス¥96,800ネックレス¥72,600バングル【手首側から】¥38,500¥41,800(すべてマリハ)

  • 通年で使える定番アイテム、『デ

    【トレンチコート×ワイドデニム】
    スポーティカジュアルな春コーデに
    定番のワイドデニムには、白のロゴTをIN。ちょっぴりメンズライクなカジュアルコーデに、ベージュのコートをさらりと羽織って、きちんと感を演出して。足元はグリーンのコンバースで、シンプルな装いにアクセントを加えるのがポイントです。コート¥71,500(ナナミカ/ナナミカ代官山)Tシャツ¥8,250(ル ベーシック/エイチ ビューティ&ユース)デニムパンツ¥36,300(マザーラブズ ロンハーマン/ロンハーマン)バッグ¥27,500(ヴァジック/ヴァジックジャパン)スニーカー¥7,700(コンバース/コンバースインフォーメーションセンター)メガネ¥36,300(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥12,960(アビステ)ネックレス¥28,940(ジゼルベー/ZUTTOHOLIC)ブレスレット¥12,100(イン ムード/フォーティーン ショールーム)

  • 通年で使える定番アイテム、『デ

    【ボリュームスリーブの白ブラウス】
    ワイドデニムでカジュアルダウン
    暖かくなると着たくなる、白のブラウス。ガーリーなボリューム袖デザインは、ワイドシルエットのデニムを合わせて甘さを調整するの正解。カジュアルだけどフェミニンな着こなしは、今年っぽさ満点です。ブラウス¥26,400(スタジオ ブラン/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿ウィメンズストア)デニム¥39,600(サクラ/インターリブ)バッグ¥52,800(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)シューズ¥16,500(オデット エ オディール/オデット エ オディール新宿店)〈右手〉エメラルドリング¥162,800シトリンリング¥222,200〈左手〉マラカイトリング¥63,800(すべてマリハ)

  • 通年で使える定番アイテム、『デ

    【白シャツ×ブルーデニム】
    イエローのカーディガンを差し色に
    定番の白シャツ×デニムコーデを今年らしく着こなすなら、ハイウエストデニムにインして衿や袖周りを着崩すのが正解です。仕上げにボリュームのあるミドルゲージニットを重ねて、トレンドを意識した着こなしに仕上げて。シャツ¥26,400(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町) デニムパンツ¥20,900(レッドカード トーキョー/ゲストリスト)肩に掛けたカーディガン¥28,600(ロンハーマン)バッグ¥136,400(JIMMY CHOO)イヤーカフ[2連]¥17,600イヤーカフ¥20,900コインネックレス¥24,200パールネックレス¥58,300(すべてマリハ)

  • 通年で使える定番アイテム、『デ

    【ワイドデニムをキレイめに】
    バンドカラーシャツできちんと感をプラス
    カジュアル派の定番、ブルーのワイドデニムは、ハイウエスト×テーパードシルエットで、2022年らしくアップデートするのがポイント。バンドカラーの白シャツを合わせて、きちんと感を意識した着こなしに。ボーイッシュになりがちなワイドデニムは、シャツやヒールを取り入れることで、グッと大人っぽくキレイめに仕上がります。コート¥59,400(サクラ/インターリブ)シャツ¥1,990(ジーユー)デニムパンツ¥26,400(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)バッグ¥35,200(アエタ/アルファ PR)ピアス¥25,300リング¥19,800(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)眼鏡¥8,800(JINS)ブーツ¥24,200(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

春から夏にかけて使えるワイドデニム。シャツやブラウスなど、春らしいアイテムと組み合わせて、キレイめカジュアルに着こなすのもおすすめです。ぜひこの記事参考にして、定番のデニムコーデを今年らしくアップデートしてみてくださいね!

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、山水由里絵

あわせて読みたい!

スタイリストに聞いた「白シャツ&デニム」を今っぽく見せるコツ【平沼洋美さんの場合】

【今日の服装】きちんと見える「デニムコーデ」のコツは?【アラサー女子】

大人女子の「ブルーデニム」きれいめカジュアル着回し6選【2022年春の最新コーデ】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus