特集

【今週の服装】気温20℃前後の「春コーデ」7選【アラサー女子】

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

  • 「CLASSY.ONLINE」

    甘すぎないフレアスカートの着こなしって?
    ふんわりと広がるフレアスカートを主役にした、女性らしさたっぷりのニュアンスカラーコーデ。あえてメンズライクなカーキのコートを羽織れば、テイストMIXで全体にメリハリが生まれます。さくらピンクのビッグトートを差し色にして、春のムードを高めて。

    バッグ¥45,100〈高さ30cm×幅38cm×マチ24cm〉(ステート オブ エスケープ/サザビーリーグ)コート¥49,500(TOMORROWLAND collection/TOMORROWLAND)ニット¥64,900(エイトン/エイトン青山)スカート¥132,000(ebure/ebure GINZA SIX店)パンプス¥52,800(ペリーコ/アマン)イヤリング¥121,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)ネックレス¥24,300(アビステ)時計¥12,980(コモノ/エイチエムエス アーカイブ ルミネエスト新宿店)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    イタく見えない「ショートパンツ」の着こなしって?
    大人がショートパンツを穿くなら、ジャケットとセットアップで合わせて、きちんと感を演出するのがポイント。全体をオールホワイトでまとめれば、より洗練された印象に仕上がります。足元は、「かっちりしすぎず、カジュアルすぎず」な白スリッポンがちょうどよいバランス。

    ジャケット¥59,400パンツ¥25,300ニット¥28,600(すべてポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)バッグ¥168,300シューズ¥72,600(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)ピアス¥9,900バングル¥9,350(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    この春「ジレ」を新調するなら?
    この春トレンド大本命の「ジレ」は、リネン素材×ベルトつきにアップデート。フレンチスリーブなので、華奢見え効果が期待できそう。ニュアンスカラーでまとめた上半身には、ライトブルーのプリーツスカートで華やぎを添えて。

    ジレ¥24,200(FRAY I.D/FRAY I.Dルミネ新宿2店)ニット¥12,100(ビームス ライツ/ビームス ライツ 渋谷)スカート¥28,600(ADAWAS/ショールーム セッション)バッグ¥38,500(アタオ/スタジオアタオ)パンプス¥14,850(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ネックレス¥25,300〈フルオブグレイス〉バングル¥16,390〈ソコ〉(ともにZUTTOHOLIC)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    大人にちょうどいい「花柄ワンピ」って?
    新年度の始まりは「花柄ワンピ」で気分を上げて。モノトーンを選べば、甘くなりすぎず、大人でも気負わずにシックに着こなせます。夕方になるとまだ寒いこの時季は、厚手のカーディガンが強い味方に。春らしさを狙うなら、バターイエローがおすすめです。

    ワンピース¥35,200(マリハ)カーディガン¥29,700(サクラ/インターリブ)バッグ¥3,630(マリー・ルイーズ/ラヤン)サンダル¥30,800(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)ピアス¥25,300(ココシュニック)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    普通に見えない「Tシャツコーデ」って?
    れからの時季に欠かせない「Tシャツ」は、ニュアンスカラーのロゴTにアップデート。ボトムスを定番のデニムからベイカーパンツに変えるだけで、一気に今年らしい着こなしに。さらに旬のジレを羽織れば、コーデが引き締まり、大人度がアップします。

    ジレ¥39,600(Theory)Tシャツ¥6,600(フレーバーティー/ゲストリスト)パンツ¥17,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店)バッグ¥17,600(オルセット/オルサ)スニーカー¥6,380(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)帽子¥9,790(CA4LA/CA4LA プレスルーム)ネックレス¥8,800(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)時計¥20,900(マベン ウォッチズ/マベンウォッチズジャパン)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    甘さ控えめに「ピンクのスカート」を着るなら?
    この春取り入れたい「青みピンク」は、リネン素材のフレアスカートで軽やかに着こなすのがコツ。メンズライクなロゴスウェットやスポーティ小物を合わせて、テイストMIXを意識して。カジュアル×フェミニンの緩急ある着こなしで、オシャレ上級者の装いに。

    ロゴスウェット¥26,400(アニン・ビン/THIRD MAGAZINE)ロングスリーブTシャツ¥16,500(エイトン/エイトン青山)スカート¥45,100(シーピーシェイズ フォーロンハーマン/ロンハーマン)ピアス¥107,800ネックレス¥47,300リング¥234,300(すべてマリハ)スニーカー¥37,400(デイト×デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)バックパック¥20,900(エパーソン マウンテニアリング/RHC ロンハーマン)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    通勤で「カラーパンツ」をはくなら?
    爽やかなミントグリーンのパンツは、好感度と春らしさの両方が手に入ります。通勤で穿くなら、きちんと見えする白ブラウスと合わせるのがおすすめ。全体がシンプルになりすぎないように、肩がけニットやツヤ感のあるシューズでほどよいアクセントを。

    パンツ¥20,900ブラウス¥36,300(ともにル フィル/LE PHIL NEWoMan 新宿店)ニット¥15,400(カレンソロジー/カレンソロジー青山)バッグ¥37,400(サマンサタバサ/サマンサタバサ ルミネ新宿店)スカーフ¥13,200(マニプリ)シューズ¥36,300(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)イヤリング¥20,900(ココシュニック)時計¥25,300(ロバー/ロバージャパン)
    『CLASSY.』2022年4月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

あわせて読みたい

【今週の服装】4月にぴったりの「春コーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】暖かくなったら着たい「春カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】気温20℃の「春カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus