骨格ストレートさんが「似合わない服」をうまく着るコツ【カジュアルコーデの場合】

骨格診断メソッドのルールに基づいてコーディネートを考えると、簡単にスタイルアップが叶います。でも、似合わないとされている服を着たいときだってありますよね。今回は着たい服をスタイル良く着こなせる方法を伝授。を活かせば“着たい”“似合う”も両立できるんです。

ストレートタイプの場合

・首は短め ・鎖骨は痩せていて

・首は短め
・鎖骨は痩せていてもあまり出ていない
・バスト位置が高い
・腰位置が高め
・膝下がスッと細い

Q.カジュアルな服は全部避けたほうがいいんですよね?

A.肉厚な生地かつ立体的なデザインのものでちょっとモードに仕上げて

ストレート体型はキレイめなものが得意なので、カジュアルが苦手と思われがちですが、アイテムをうまく選べば大丈夫。〝ストレートタイプ=カジュアルが全部似合わない〟ということはありません。ただ、トレンドのビッグシルエットや、ナチュラルな風合いの生地で作られたラフなアイテムは、ストレート体型のパンッとした肌のハリを拾い、体の丸さを強調しがち。攻略方法は、肉厚な生地で体のシルエットを拾わない立体的なものをセレクトすることです。

\気をつけるべきポイント/
・生地は肉厚でしっかりとしたハリのあるものをセレクト
・重ね着してもインナーを拾わないくらい立体的なものを
・ゆる×ゆるシルエットは避けて!ボトムスは細身のものですっきりと

撮影/ISAC(SIGNO)モデル/岩﨑名美 ヘアメーク/MAKI スタイリング/平沼洋美 取材・骨格診断/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup