アラサー読者のNGコーデを、スタイリストが改善!【ニットが地味見えする】

誰もが一度は思う、「もしもスタイリストさんに私服をコーディネートしてもらえたら…」。今回は真冬のオシャレに悩むリーダーズが、リアル私物を持ち込んで荒木さんを直撃! 表紙スタイリングも務める師匠に、手取り足取り教えてもらいました。

お悩み「セット買いしたニットがその組合せしかできません…」

荒木さん「ボーダーニットをメンズライクなパンツで大人のパリカジュアルに」

普段のテイストと違うカジュアルアイテム投入でバランスを取るのが肝

相談者は… 石井里奈さん(32歳・情報通信系)

石井 先日インスタライブで荒木さんにコーデ相談をしたんですけど(笑)、教えてもらったコーデ術を実践したら、びっくりするくらい褒められて! 本当に崇拝しているので、今回も楽しみすぎてニヤけちゃいます。
荒木 ありがとう(笑)。すぐに実践してくれるのが、里奈ちゃんって感じだね。私も嬉しいです。
石井 早速ですが…この前マネキン買いしたニットとワンピが、その組合せしかできないんです。ニットはデニムに合わせても可愛いとは思うけど、普通になる気がして…。もっとオシャレな着方をぜひ教えていただきたいです!
荒木 ニットは金ボタンとボーダーがポイントなんだね。やっぱりボーダーって、パリっぽく着てあげると安定して可愛いと思う。
石井 パリっぽいコーデ、すごくやりたいです! 前に自分でパリコーデしたら完全に失敗した苦い記憶があるんですよ…(笑)。
荒木 そっか、そっか(笑)。フレンチカジュアルって一歩間違えると古い印象になってしまったりするから、カジュアルに寄せすぎず大人っぽさを意識してみるといいかも。ニットが女らしいシルエットなので、逆にメンズライクなベイカーパンツを合わせてバランスを調節したり。パリっぽい赤やボルドーカラーは小物で差しつつ。
石井 なるほど、大人のパリカジュアルですね! メモすることばっかり(笑)。学びが多すぎる。
荒木 新しい里奈ちゃんになれるようなコーデを組みますね!

教えてくれたのは…

スタイリスト荒木里実さん 大人

スタイリスト荒木里実さん
大人のカッコよさを引き出すコーデといえばこの方! 辛口アイテムを軸に、女らしさを加えたスタイリングが大人気。

撮影/木村 敦 ヘアメーク/廣瀬浩介 スタイリング/荒木里実 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup