特集

【使えるニットNO.1】いま買い足すなら、ベージュが正解!156cm桐嵯梨さんの着回し実例

ほぼ毎日ニットの生活に早くもマンネリを感じていませんか?着こなしがワンパターン化してきた…なんて方も多いはず。そこでCLASSY.リーダーズ4名に周りと差がつく「ニットコーデ」を伝授してもらいました。トップバッターは身長156cmの桐嵯梨さん低身長に見えないスタイルアップ術に定評があります。着回し実例もぜひ参考にしてみてください。

いまいち攻略できないトレンド服「オールインワン」…桐嵯梨さんの着回しが参考になる!

「Demi-Luxe BEAMS」のニット

絶妙なオーバーサイズでSサイズさんも難なく着こなせる

「軽くて暖かいうえに、柔らかな

「軽くて暖かいうえに、柔らかな肌触りがたまらない『フラッフィーニット』。どんなボトムスとも合わせやすく、コーデをリッチに昇華してくれます。ゆったりとしつつも身幅は大きすぎず、小柄な私でも違和感なく着られました」(桐さん)

桐嵯梨さんが着回すと…?

1.カラーレスを意識してカッコよく

「ニット以外をオールブラックで

「ニット以外をオールブラックでまとめてモード感を演出。親しみやすい装いにしたかったので、黒デニムを合わせたり、ニットの裾をアウトして着たりと、ちょっぴりカジュアルダウンさせたのがポイント」(桐さん)
knit:Demi-Luxe BEAMS denim:AKTE bag:FENDI boots:COACH beret:Chapeau d’ O

2.異素材MIXでぼんやり見えを回避

「女性らしくて上品なベージュコ

「女性らしくて上品なベージュコーデに挑戦。ふわふわニットに相反するハリのあるパンツを合わせて、ワントーンコーデにメリハリをつけました。引き締め役にはキャメルカラーで揃えたバッグとブーツがしっくり」(桐さん)
knit:Demi-Luxe BEAMS pants:OPAQUE.CLIP bag:RSVP boots:CELINE

3.withサテンワンピでドラマティックに

「エレガントに着こなしたいとき

「エレガントに着こなしたいときはサテンワンピの出番。ティアードデザインを選ぶことで、上からニットを重ねてもドレッシーな印象に。仕上げに白ブーツを合わせて、心地よい抜け感をプラスします」(桐さん)
knit:Demi-Luxe BEAMS dress:LE JOUR bag:A MON GOUT boots:STACCATO

取材/岸本真由子 編集/浅田くみ子(CLASSY.ONLINE編集室)

ニットコーデ 関連記事

ポンチョは寒い?着膨れする?【ETRE TOKYO】のポンチョが優秀♡

ほっこりしない「ニットカーディガンコーデ」のコツ

アルアバイルの「新作ニット」がこの時期、大活躍!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus