特集

甘い服がやめられない大人にこそおすすめしたい、2つの服

根が甘派編集スタッフ、ふとクローゼットを見て気がつきました。「シンプル服より甘服のほうが長年残っているものが多い…⁉」。毎年更新したほうがいいTシャツなどに比べ、投資しても何年も着られる、デザイン性のある甘アイテムたちを探しました。

甘い服好きの大人女子におすすめ!「胸キュンシューズ」4選

1.EVA MANNのリボンブラウス

この先3年以上は活躍しそうな逸品!

パリッとしたシャツの素材感にリボンをのせることで、甘くなりすぎず気構えることなく着られる。主張のあるディテールも品よく仕上がるバランスに、業界内のファンも多いブランドです。

リボンブラウスにカラーパンツ。

リボンブラウスにカラーパンツ。甘派のベーシックスタイル
ブラウス¥36,300(EVA MANN/THIRD MAGAZINE)パンツ¥19,800(ユナイテッドア ローズ/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店)バッグ¥59,400(マーレット/サザビーリーグ)ピアス¥6,732(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)イヤカフ¥25,300(ココシュニック)グリーンリング¥286,000 グレーリング¥141,900(ともにマリハ)

・EVA MANNは2020年春夏より日本初となる取り扱いをスタート。3シーズン目の今季、ブラウス部門ダントツ1位のオーダー数でした。(サードマガジン PR・中山彩子さん)
・クルーネック、リボン、ボリュームスリーブ。目があった瞬間購入を決意しました。そんな白ブラウスとの出会いは千載一遇です!(スタイリスト・児嶋里美さん)
・トレンドでもマスでもない甘派。自分のツボを心得た1枚を大切に、3年と言わず何年も着ます(笑)。なのでむしろコスパが良いはず。(ライター・清水亮子)

2.SHE Tokyoのリボンフリンジフレアスカート

贅沢に生地を使ったドラマティックなスカートは、プチプラには出せない空気

コーディネートに占める面積も広い分、着ている人の佇まいに直結するスカート。長く着るために譲れないポイントは素材感、シルエット、そして丈感。印象的な着こなしに欠かせない、とっておきの一枚に投資して損はありません。

貴重な熟練職人の手により作られ

貴重な熟練職人の手により作られるElly featherスカートを代名詞に、希少価値の高いファブリックを使用しているスカートブランド。華やかさとモード感が共存するデザインで、ただ「甘い」だけではない洗練された装いを約束してくれます。

シンプルなニットに合わせるだけでいい。足元は旬のロングブーツ
モノトーンに合わせて効かせる、出すぎずに存在感のあるくらいが素敵に見える理由。スカート¥75,900(SHE Tokyo/エスティーム プレス)カーディガン¥26,400(ルーニィ)バッグ¥53,900(ペリーコ/アマン)ブーツ¥46,200(オデット エ オディール/オデット エ オディール新宿店)イヤカフ¥19,800 ネックレス ¥68,200(ともにココシュニック)

名古屋出身・根が甘派の私。SHE Tokyoのスカートは高くても3年以上絶対に着るので、少しずつ集めています。(編集・小林麻衣子)

撮影/金谷章平 モデル/土屋巴瑞季 ヘアメーク/塩澤延之(mod’s hair) スタイリング/児嶋里美 取材/清水亮子 再構成/Bravoworks.Inc

「甘めコーデ」関連記事

大人女子にこんなにちょうどいい!「甘めだけど、黒い服」4選

大人の「甘い服を着たい、けど子供っぽく見えたくない」悩み解決コーデ3選

大人女子が失敗しない「甘い服の着こなし方」3選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus