特集

白黒よりも秋は使える!?大人の「ベージュのブラウス」コーデ6選

今季トレンドの「ブラウス」を使った着こなし。スカートと合わせてフェミニンに、デニムやスキニーと合わせて大人カジュアルに…合わせるアイテム次第で幅広い着こなしが可能です。そこで、今回はこなれて見える「ベージュ・ブラウン」のブラウスを使った秋コーデ6選をご紹介していきます。

忙しいアラサー女子におすすめの「華やかブラウス」着回しコーデ6選

2021年最新!秋のブラウスコーデ6選【ベージュ・ブラウン編】

  • 今季トレンドの「ブラウス」を使

    【ペプラムデザインのベージュブラウス】
    黒スキニーでメリハリのあるシルエットに
    ペプラムデザインのチュニックブラウスを主役にした、秋のお出かけコーデ。ボトムスには黒のスキニーパンツを合わせて、コーデを引き算。レオパード柄のミニバッグで、シンプルなワンツーコーデにアクセントをプラスして。チュニック¥20,900靴¥27,500(ともにツル バイ マリコ オイカワ)パンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥53,000(アニタ ビラルディ/CPR TOKYO)イヤリング¥20,900(ココシュニック)

  • 今季トレンドの「ブラウス」を使

    【ブラウンのワントーンスタイル】
    足元は白スニーカーで抜け感を
    ハリのある素材のブラウスにレザースカートを合わせた、ブラウンのワントーンコーデ。秋らしさ満点の着こなしには、白のスニーカーでほどよい抜け感をプラスして。重めバランスのスカートは、ボリュームのあるデザインのスニーカーが相性抜群です。スニーカー「ZENTIC W」¥10,989(アディダス/atmos pink flagship Harajuku店)ブラウス¥29,700(ティッカ)レザースカート¥20,900(エリオポール/エリオポール代官山)ストール¥17,600(マニプリ)バッグ¥53,900(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)ピアス¥11,000<メラキ>バングル¥27,500<シンパシー オブ ソウル スタイル>(ともにフラッパーズ)

  • 今季トレンドの「ブラウス」を使

    【上品なベージュのブラウス】
    ボトムスは黒パンツでスッキリと
    ボリュームスリーブ×華奢リボンのブラウスは、ベージュをチョイスして、品よく着こなしたい。お尻が隠れる着丈なら、気になる腰回りも自然にカバーしてくれます。フェミニンなムード漂うブラウスには、黒のパンツを合わせてコーデを引き算するのがポイントです。シャツ¥12,980(ハッシュニュアンス/オンワード樫山)パンツ¥20,900(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)インナー/スタイリスト私物

  • 今季トレンドの「ブラウス」を使

    【ベージュブラウス×ワイドパンツ】
    ゆったりシルエットの通勤コーデに
    旬のブラウスを白のワイドパンツに合わせれば、きちんと感漂うお仕事コーデの完成です。ベージュ×白の組み合わせなら、INしなくても上品な印象に仕上がります。ウエストゴムのパンツで、リラックスしつつも、きちんと感を意識した着こなしに。ブラウス¥17,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店) カーディガン¥27,500(スローン)ワイドパンツ¥23,100(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)バッグ¥27,500(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)スカーフ¥13,200(マニプリ)フラットシューズ¥38,500(ピッピシック/ベイジュ)ピアス¥42,900(ココシュニック)時計¥8,580(コモノ/エイチエム エス アーカイブ ルミネエスト新宿店)

  • 今季トレンドの「ブラウス」を使

    【アースカラーの秋コーデ】
    足元はスニーカーでスポーティに
    透け感のあるブラウンのブラウスは、ボーイッシュなカーキパンツでテイストMIX。足元はモノトーンのスニーカーで、スポーティな印象をプラスして。アースカラーでまとめた装いは、秋らしさ満点です。スニーカー「W BLAZER LOW PLATFORM」¥11,000(ナイキ/atmos pink flagship Harajuku店)ブラウス¥26,400(エリオポール/エリオポール代官山)パンツ¥28,600(ティッカ)バッグ¥35,200(オルセット/オルサ)イヤリング¥3,630(mimi33/サンポークリエイト)

  • 今季トレンドの「ブラウス」を使

    【ベージュブラウスでつくる通勤コーデ】
    キレイ色パンツを合わせて華やぎをプラス
    ブラウス×センタープレスパンツを合わせた定番の通勤コーデ。全体をニュアンスカラーでまとめることで、グッと今年っぽい雰囲気に仕上がります。足元は黒のパンプスで、コーデをピリッと引き締めて。ブラウス¥17,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店)ジャケット¥49,500(ebure GINZA SIX店)パンツ¥15,400(イエナ/メゾン イエナ)バッグ¥28,930(ロレステッラ/シップス有楽町店)パンプス¥51,700(ネブローニ/ジャーナル スタンダード レサージュ銀座店)ピアス¥33,000(プリーク/エイチ ビューティー&ユース)ネックレス¥11,550(アビステ)時計¥41,800(ココシュニック)

今季1枚は持っておきたい、最旬アイテム「ブラウス」を使ったコーディネート。合わせるボトムス次第で、フェミニンな雰囲気だけでなく、カジュアルにも着こなせる万能アイテムです。ぜひ、この記事を参考にして、秋のブラウスコーデをアップデートしてみてくださいね!

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、山水由里絵

あわせて読みたい!

【今日の服装】脱マンネリな「盛り袖ブラウス」コーデって?【アラサー女子】

忙しいアラサー女子におすすめの「華やかブラウス」着回しコーデ6選

桜井玲香が着こなす、秋の「上品ブラウス&シアーニット」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus