特集

白や黒より秋っぽい?「大人のベージュ&ブラウンシャツコーデ」6選

1年を通して使える定番アイテム「シャツ」を使った着こなし。トップスとして着るのはもちろん、少し肌寒い今の時期なら、さらりと羽織ってアウター代わりに使うのもおすすめです。そこで今回は最新の「長袖シャツ」コーデ6選【ベージュ・ブラウン編】を紹介します。

大人女子の「黒&ネイビーのシャツコーデ」7選【2021年秋】

最新!秋のシャツコーデ6選【ベージュ・ブラウン編】

  • 1年を通して使える定番アイテム

    【アウター代わりのシャツでキレイめに】
    ベージュ・黒・キャメルの大人配色
    黒ニット×キャメルのパンツの組み合わせに、ベージュのシャツをプラス。コントラスト強めな配色も、ベージュカラーが加わることで、違和感なくなじみます。ベージュ・黒・キャメルの大人配色で、ニットパンツをスタイリッシュに着こなして。ニットパンツ¥12,100(ステートオブマインド/ゲスト リスト)シャツ¥26,400(GALERIEVIE/GALERIEVIE)Tシャツ¥9,790(ティッカ)バッグ¥31,900(オルセット/オルサ)シューズ¥26,400[10月発売](ツル バイ マリコ オイカワ)ベレー帽¥6,930(CA4LA/CA4LAプレスルーム)ピアス¥12,960ネックレス¥21,000バングル¥6,480(すべてアビステ)

  • 1年を通して使える定番アイテム

    【着回し力抜群なベージュシャツ】
    黒スカートを合わせてシンプルに
    ハリのある地厚なシャツは、ベージュカラーをチョイスして、こなれ見えを狙って。腕周りのボリューム感が、いつものシャツコーデを今年っぽく仕上げるポイントです。ボトムスの黒スカートにINして合わせれば、きちんと感漂う通勤コーデの完成。シャツ¥16,500スカート¥20,900(ともにスリースクエア)イヤリング¥4,320バングル¥8,640(ともにアビステ)

  • 1年を通して使える定番アイテム

    【フェミニンなピンクベージュのシャツ】
    バンドカラーデザインが今年っぽさ満点
    ほどよいシアー感があるバンドカラーシャツは、キレイめな印象を守れば通勤にも使えます。女っぽい雰囲気のピンクベージュで、キレイめに着こなすのが正解です。ボトムスはワイドパンツをチョイスして、ちょっぴり甘口なピンクコーデをピリッと引き締めて。バンドカラーシャツ¥19,800(エリオポール/エリオポール代官山)ワイドパンツ¥23,100(ドレスレイブ/ジオン商事)バッグ¥67,100(ジャンニ キアリーニ/ジャンニキアリーニ銀座店)メガネ¥51,700(アイヴァン7285/アイヴァン 7285トウキョウ)ピアス¥13,310(ヴィヴ&イングリッド/ZUTTOHOLIC)キャミソール/スタイリスト私物)

  • 1年を通して使える定番アイテム

    【ベージュシャツをアウター代わりに】
    黒のニットをのぞかせて立体感を意識
    今季新しくシャツを買うなら、ゆったりシルエットのオーバーサイズがおすすめ!一枚でそのままトップスとしても、ニットの上から軽めの羽織りとしても着られるので、着回し力も抜群です。きちんと感のあるシャツには、デニムでハズしを効かせて、テイストMIXを楽しんで。シャツ¥16,500(スリースクエア)タートルネック¥24,200(エイトン/エイトン青山)デニムパンツ¥26,400(レッドカード/ゲストリスト)ネックレス¥55,000(ReFaire/UTS PR)

  • 1年を通して使える定番アイテム

    【レザーシャツでちょっぴり辛口に】
    Tシャツワンピで抜け感を意識して
    トレンド感満点のカットソーワンピースは、上品なネイビーチョイス。ベージュのレザーシャツさらりと羽織ることで、部屋着っぽく見えるのを防げます。足元はグレーのスニーカーで、カラーレスにまとめるのが、大人っぽく着こなすポイントです。 カットソーワンピース¥8,000(アーバンリサーチ ドアーズ/アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店)レザーシャツ¥21,000(アルアバイル)バッグ¥16,000(マニプリ)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)ネックレス¥8,500(イン ムード/フォーティーン ショールーム)バングル¥29,900リング¥5,460(ともにチビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)

  • 1年を通して使える定番アイテム

    【ブラウンのシャツで季節感を意識して】
    アースカラーでまとめれば秋らしさ満点
    カジュアルな雰囲気のパンツは、ブラウンのビッグシャツをINせず合わせてラフに着こなしたい。メンズライクになりがちなカーキのパンツは、光沢感のある素材で上品に。足元はストラップサンダルで、キレイめな印象をプラスするのがポイントです。シャツ¥29,700(ANAYI)タンクトップ¥11,000(COCUCA/ザ ストア バイシー 代官山店)パンツ¥35,200(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)カゴバッグ¥27,500(ケッシュ ル エッセンシャル)サンダル¥20,900(ピッピ/ベイジュ)サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ネックレス〔2本セット〕¥14,850ブレスレット¥8,250(ともにイン ムード/フォーティーン ショールーム)

トップスとしてだけでなく、羽織りとしても使える万能アイテム「長袖シャツ」を使った秋コーデ。ぜひ、この記事を参考にして秋のシャツコーデを今年らしくアップデートしてみてくださいね!

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、山水由里絵

シャツコーデ 関連記事

白や黒よりおしゃれ見え?「大人のカラーシャツコーデ」6選

大人女子の「白シャツコーデ」7選【2021年秋のおすすめ】

アラサー女子におすすめの「ビッグシャツ」着回しコーデ6選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus