特集

【今週の服装】雨の日でもOKな「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

  • 「CLASSY.ONLINE」

    雨の日の「スカートコーデ」の正解は?
    気分が下がる雨の日は、パッと映えるビタミンオレンジのリブニットを主役に華やかさを添えて。ベージュのペンシルスカートを合わせれば、こなれ感のある通勤コーデの完成です。足元はぺたんこサンダルで、雨の日でも快適に。

    ニット¥18,700(ANAYI)スカート¥38,500(THIRD MAGAZINE)バッグ¥35,200(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥26,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)イヤリング¥12,100(マージョリー・ベア/ココシュニック 有楽町マルイ店)
    『CLASSY.』2021年8月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    雨の日におすすめの「トップス」って?
    定番の「黒スキニー」を今っぽく着るなら、ボリューム袖のブラウスを合わせるのが正解。爽やかなライトブルーが、初夏のムードを盛り上げます。足元はヒールのストラップサンダルで、抜け感をプラスして。

    ブラウス¥19,800(カデュネ/カデュネ プレスルーム)パンツ¥23,100(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)バッグ¥40,700(ヴァジック/ヴァジックジャパン)サンダル¥13,750(AKTE)ピアス¥49,500リング¥39,600(ともにルフェール/UTS PR)
    『CLASSY.』2021年8月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    雨の日に「白ワンピ」を着るなら?
    リラクシーな「Tシャツワンピ」は、クリーンな白を選んで通勤仕様に。深めのスリット入りなら、雨の日でも動きやすくて快適です。「ネイビーシャツ」をジャケット気分で羽織りつつ、カラーアイテムで遊びを効かせて。

    Tシャツワンピース¥8,690(ステートオブマインド/ゲストリスト)シャツ¥10,450(ステートオブマインド/ゲストリスト)バッグ¥64,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ミュール¥6,500(オリエンタルトラフィック/ダブルエー)ゴールドピアス¥12,650〈ソコ〉リング¥4,620〈フル オブ グレイス〉(ともにZUTTOHOLIC)ゴールドブレスレット各¥1,050(ともにアビステ)
    『CLASSY.』2021年8月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    雨の日でもオシャレな「ぺたんこサンダルコーデ」って?
    雨の日は、ぺたんこのストラップサンダルで潔くヌーディーに。光沢と落ち感あるカーキ素材のパンツなら、ラフすぎず、大人ハンサムに仕上がります。トップスは、ブラウンの「ビッグシャツ」を合わせて、アースカラーでまとめるのが今っぽさの秘訣。

    シャツ¥29,700(ANAYI)タンクトップ¥11,000(COCUCA/ザ ストア バイシー 代官山店)パンツ¥35,200(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)カゴバッグ¥27,500(ケッシュ ル エッセンシャル)サンダル¥20,900(ピッピ/ベイジュ)サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ネックレス〔2本セット〕¥14,850ブレスレット¥8,250(ともにイン ムード/フォーティーン ショールーム)
    『CLASSY.』2021年8月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    雨でも気分がアガる「ワンピコーデ」って?
    一枚でサマになる「黒のドット柄ワンピ」は、涼しげなシアー素材を選ぶのが正解です。黒でも重く見えず、裾の揺れ感が女らしさと軽やかさを両立します。バッグやサンダルも黒で統一して、シックに仕上げるのがおしゃれ上級者見えのポイント。

    ワンピース¥29,700(CELFORD/CELFORD ルミネ新宿1店)バッグ¥63,800(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)靴¥26,400(銀座かねまつ/銀座かねまつ6丁目本店)ピアス¥11,800(ジェンマ アルス)ブレスレット¥9,130(フル オブ グレイス/ZUTTOHOLIC)
    『CLASSY.』2021年8月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    梅雨の「休日モノトーンコーデ」って?
    子供っぽく見えがちな「盛りブラウス」と「ショーパン」の組み合わせも、オールブラック&シャリ感素材なら問題なし。厚底デザインの「黒スポサン」で、雨の日でも快適な足元に。白のハットやバッグで抜け感を意識した、旬のモノトーンコーデです。

    ブラウス¥14,850ショートパンツ¥9,790(ともにヘレイアム/アダストリア)ハット¥47,080(JAMES LOCK/CA4LA プレスルーム)バッグ¥10,450(nana-nana×NBA/ミッドタウン プロジェクト)サンダル¥10,780(テバ/デッカーズジャパン)ピアス¥27,500(ウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)
    『CLASSY.』2021年8月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    雨の日、「カラースカート」をオシャレに着るなら?
    雨空にも映える赤の「タイトスカート」は、足首までのロング丈が今っぽい。トップスは、あえてカジュアルな「ボーダーカットソー」をON。テイストMIXの着こなしが、こなれ感と今っぽさの近道。雨でも安心な「ヒールつきの黒サンダル」で、ひとさじのモードさもトッピング。

    カットソー¥9,900スカート¥19,800(ともにLE PHIL/LE PHIL NEWoMan 新宿店)ピアス¥9,900ブレスレット¥7,700(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)サンダル/スタイリスト私物
    『CLASSY.』2021年8月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

◆あわせて読みたい

【今週の服装】梅雨におすすすめの「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】雨の日でもオシャレな「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】ワンランク上の「初夏コーデ」7選【アラサー女子】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE