特集

松島花さんの「ワンピ&デニムコーデ」がシンプルなのに素敵すぎる!

体にフィットする上質な服、吟味を重ねた小物たち…いつどこで会っても、「らしさ」が宿っている花さんのプライベートスタイル。それはまさに上質ベーシックのお手本であり、あるべき姿です。彼女の私服から5つのエッセンシャルアイテムをピックアップ。オール私物で、花さんの審美眼に迫ります!

松島花さんの「白Tコーデ」が上品カジュアルで素敵すぎる!

松島花さんのベーシックスタイル
1.「ワンピーススタイル」

パリヴィンテージをイメージしたほんのり甘くてどこかセクシーな感じが狙い

このワンピース、実は私がコラボ

このワンピース、実は私がコラボして作ったものなんです。大人が着られる可愛らしいワンピースを目指して、腰回りの落ち感や、程よい肌見せ具合を意識しました。

one-piece Brown&Street bag LOEWE necklace Tiffany & Co. ring Tiffany & Co. shoes Daniella&GEMMA

“コンサバな甘さはNO!リラクシーで女らしいフレンチシックなムードで”
ハンサムなパンツスタイルが多い私ですが、とろみ素材の柄ワンピも実はよく袖を通すアイテム。お仕事デーというよりは、リラックスした気分で過ごしたい日…たとえば、公園やカフェでのんびりしたり、美術館や映画館に出かけるときなどに、つい手が伸びてしまう感じ。一枚で決まるからあれこれ考えなくていいし、スタイリングだけでなく着心地が楽ちんなところも大好きです。ワンピースって、アイテム選びひとつでコンサバすぎたり、ほっこりしちゃったりしますよね。私はパリジェンヌみたいなムードで着こなしたいから、ボディラインに沿って落ちるようなシルエットが好き。休日感のある靴やバッグに華奢なアクセサリーで気分を盛り上げています。

2.「デニムスタイル」

腰回りがタイトなフレアデニムが今の花的ステディデニム

  • “コンサバな甘さはNO!リラク

    フレアデニムの魅力に目覚めてからそればかり。このデニムはひざ下のフレア具合がいちばんのお気に入り。カーデの代わりにジャケットを合わせてハンサムに着ることも。

    denim CELINE cardigan Brown&Street tank top BIOTOP×Hanes shoes CONVERSE earrings Harry Winston bag paco rabanne

  • “コンサバな甘さはNO!リラク

    フレアデニムコレクションの一部。〝RE/DONE〟。ポケット位置が高くて大きくヒップがキレイに見えるから大好き。右_〝SAINT LAURENT〟。色味がオシャレで、ヴィンテージっぽく転ばせるのが似合います。

“トレンドなんて関係ない きっと生涯はき続ける松島花のユニフォーム的存在”
プライベートの私を知る人は、花=デニム、という印象なんじゃないかな…毎日だっていけちゃうくらい大好きだし、私のワードローブはデニムなしでは成立しない。決して大袈裟じゃなくて本当の話。こだわっているのが後ろ姿。カッティングはもちろん、ポケットの位置ひとつでヒップの見え方も全然違うので、ここがキレイに見えることは絶対条件。最近はハイウエストばかり選んでしまうので、ますます大事なポイントです。持ち味は当然カジュアルなんだけど、ヘルシーなセクシーさとか、トレンド感だとか、デニムとデニムの着こなしで、そのときの気分を表現できるところが、尽きることのない魅力だと思います。

撮影/黒沼 諭(aosora)  モデル/松島 花  ヘアメーク/平元敬一 スタイリング協力/三好 彩 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

『ベーシック服』関連記事

大人も着られるきちんと感!ATONのTシャツワンピ【カジュアル名品】

ダサく見えない!アラサー女子の「ベーシック夏服」14選

あと2〜3年は着続けられる「ベーシックアイテム」10選【アラサー女子】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus