特集

スタイリストが選び抜いた「土台服」が使える!【白Tシャツ】

おしゃれがちょっと手抜きになる…そんな時でも、コーディネートの基本となるシンプルな”土台服”こそきちんとするだけで見違えるもの。カジュアル派・平沼洋美さん、きれいめ派・大島 愛さん、二人のスタイリストが選んだ土台服と、今年着たいコーディネートをご紹介します。第1回は、定番中の定番アイテム、「白Tシャツ」編です。

こちらもおすすめ

いつもの“Tシャツ”がこんなに変わる! Tシャツコーデ更新に効く4つの最旬メーク

カジュアル派・平沼洋美さんの選ぶ白Tシャツは…SHINZONE

透け感とコンパクトなシルエットがポイントです

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「私の定番Tシャツはこれ。程よく透け感のあるコンパクトな型が特に気に入っています。真っ白だし、テイストを問わず何にでも合わせやすいシンプルさなので、他のカラーも追加購入したくらいお気に入りです」

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「夏に着る、シンプルなモノトーンスタイルが好きなんです。スカートが黒だからコーディネートが重くならないように、カゴやビーサンで抜け感を加えました」

    Tシャツ:SHINZONE
    スカート:AKTE
    バッグ:YOSUZI
    ビーサン:韓国通販
    ネックレス:SHINZONE、HARPO

きれいめ派・大島愛さんの選ぶ白Tシャツは…ebure

程よい厚みと艶のある生地だからサマになる

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「ゆとりがあり、程よい厚さで艶のある生地だからきれいめ派も使いやすく、一枚でもサマになるのがいいですね。ネックラインが詰まっているところも好きなんです。スカートやジャケットにINしやすくて、最高のアイテム!」

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「白×ベージュの配色が昔から好きです。Tシャツもパンツも両方光沢があるから、メンズのスウェットを肩がけにして少しカジュアルにします。でも、上品さも残しておきたいのでパールきれいめ小物を合わせました」

    Tシャツ:ebure
    パンツ:ebure
    スウェット:albam
    バッグ:CHANEL
    バレエシューズ:Lepetto
    ネックレス:no brand

ベーシックなアイテムほど、生地感とシルエットにこだわって選びたいですね。カジュアルにもきれいめにも合わせやすい白Tがあれば、この夏、きっと無敵です。お次は「デニム」編です。テイスト別で差のある着こなしをお楽しみに!

取材/田村宜子 編集/本間万里子(CLASSY.編集部)

合わせて読みたい『白Tシャツ』記事はこちら

定番「白T」をダサく見せない「大人コーデ」3選

「白Tコーデがダサい」を更新!ベーシックコーデがあか抜ける簡単テク

「白無地トップス×デニム」なのに、なぜかオシャレなコーデ見本❻【白Tシャツ編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus