「全身グリーン」をダサく見せないコツって…?【簡単コーデ見本3つ】

この春オシャレな人たちの間で支持率上昇中の「ワントーンコーデ」。全身を同じ色で揃える着こなしは、華やか&こなれて見える一方で、初心者には難しい…という声も。そこで、「これさえ押さえておけば失敗せずに楽しめる!」というワントーンコーデのポイントを、スタイリスト・田臥曜子さんに解説してもらいました。第6回目は今年のキーカラーとしても注目を集めている「グリーン」のワントーンコーデ。軽やかに着られる色&素材選びは必見です。

「全身グリーン」のコーデ見本

柔らかい素材同士を掛け合わせてふんわりと

ミントグリーンが映えるワントー

ミントグリーンが映えるワントーンコーデは、「素材感」がキーワード。カシミヤ混の柔らかいニットとシフォン素材のプリーツスカートを合わせて、あえてコーディネートをふんわり仕上げます。アクセントにコントラストの効いた白を持ってくれば、ぼんやり見える心配もなし。旬のレイヤードテクとスニーカーで、グリーンの絶妙なグラデーションをバランスよく引き締めて。シルクニット¥17,050(OBLI)中にレイヤードしたクルーネックTシャツ¥8,800(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア/グーニーPR)ギンガムチェックプリーツロングスカート¥1,990(GU)バッグ¥64,900(Epoi/Epoi本店)スニーカー¥7,700(コンバース/コンバースインフォメーションセンタ-)ピアス¥2,200(earyear)サングラス¥57,200(EYEVAN 7285/EYEVAN 7285 TOKYO)

「全身グリーンコーデ」をオシャレに着こなすポイントは?

スタイリスト・田臥さんが解説!

他の「全身グリーンコーデ」もCheck!

主役になるカラーを1色決めるのがカギ

教えてくれたのは…スタイリスト・田臥曜子さん

文化服装学院 スタイリスト科卒。ベーシックなアイテムを品よくオシャレに見せるコーディネートや、絶妙な色彩での配色コーディネートに定評があり、CLASSY.ONLINEではファッション企画を多数担当。プチプラアイテムを高見えさせる企画は、年間を通して大好評。

引き続き、オシャレに見える「ワントーンコーデ」をご紹介していきます。

【お問い合わせ先】
EYEVAN 7285 TOKYO ☎︎03-3409-7285/Earyear(イヤーイヤー) https://bhselect.base.shop//EDWIN カスタマーサービス ☎︎0120-008-503/Epoi本店 ☎︎03-5843-1621/ヴァジックジャパン ☎︎03-6447-0357/OBLI https://obli.tokyo/グーニーPR ☎︎03-6441-2142/コンバースインフォメーションセンタ- ☎︎0120-819-217/サザビーリーグ ☎︎03-5412-1937/GU ☎︎0120-856-452/セント ジェームス代官山店 ☎︎03-3464-7123/パサンド バイ ヌキテパ ☎︎03-6427-9945/バナナ・リパブリック ☎︎0120-77-1978/ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店 ☎︎03-3532-3100/RANDA ☎︎06-6451-1248

撮影/谷口巧(PygmyCompany)〈人物〉、草間智博(TENT)〈静物〉 モデル/桐 嵯梨(CLASSY.LEADERS) ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/田臥曜子 取材/所 優里 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup