【JINS】2021年春夏最新「メガネ&サングラス」のトレンド事情

メガネブランド『JINS』が、2021年春夏のアイウエアトレンド情報を発表しました。これを参考にすれば、グッとあか抜けた印象になるはず。また、肌の老化原因となる「目からの紫外線対策」についてもご紹介します。

2021 Spring&Summer アイウエアトレンド【メガネ編】

①多角形

近年のトレンドとして注目されている多角形がさらに進化。一見すると個性的にも見える玉型でも、かけてみると馴染みがよいものも多数展開されています。かけるだけでモード感が演出でき、一気にトレンド顔に。

②「細」「太」の二極化

繊細なラインの細めフレームとボリューム感のある太めフレーム。両極端なデザインが多く登場。サイズ感としてはジャストで、太さやカラーでボリューム感を出すのが今年のトレンド。

③「クリア」「ブラック」の二極化

クリアカラーバリエーションがさらに拡充。クリアからニュアンスカラーのものまで多岐にわたります。一方で、ブラックを中心に濃い色も再注目され、カラーでも二極化が予想されます。

2021 Spring&Summer アイウエアトレンド【サングラス編】

夏の紫外線対策ポイントをチェック!

⽬からの紫外線によるダメージが⽼化の原因に

⽬から紫外線が⼊ると、脳を刺激

⽬から紫外線が⼊ると、脳を刺激してメラニン⾊素を⽣成し、シミやシワを作るなど肌を⽼化させると⾔われています。そのためアンチエイジングを考えるうえでは、⽬への紫外線対策は⽋かせません。そこで今回は⽬からの紫外線予防についてご紹介します。

⽼化を防ぐ⽬の紫外線対策ポイント

・メガネやコンタクトレンズは UV カット加⼯が施されたものを選ぶ
・⽇差しが眩しい時は UV カットサングラスを使う
・帽⼦や⽇傘を併⽤する
・ビタミン C やルテイン、アントシアニンなど紫外線対策と⽬に良い⾷事を摂る

紫外線と⽼化から⽬を守る「サングラス」の選び⽅

1、紫外線カット率の⾼いサングラスを選ぶ
サングラスの紫外線カットは「紫外線透過率」と「紫外線(UV)カット率」の 2 つが あります。選ぶ時は、紫外線透過率なら 1.0%以下、紫外線カット率なら 99%以上のも のが最適です。

2、⾊の濃いサングラスは UV カット効果を確認する
レンズの⾊が濃いほど紫外線カットに有効と思われがちですが、実は⾊の濃いサング ラスをかけると瞳孔が開くため、紫外線のリスクは⾼くなる可能性があります。⾊の 濃いサングラスを選ぶ際は、UV カット加⼯が施されているかを確認することがとて も⼤切です。

3、フレームやツルが⼤きいものを選ぶ
紫外線は正⾯からだけではなく、サングラスと顔のすき間から⼊り込んできます。そ のため、⽬元までカバーできる⼤きなフレームや、横からの光が⼊りにくい、ツルの 幅が広いものがおすすめです。

問い合わせ先:JINS https://www.jins.com
構成/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup