特集

アラサー世代の白シャツ「2021年春の選び方&お手本コーデ」5選

定番としてずっと変わらないと思っていた白シャツだけど、この春は衿のバリエが増えていたり、レイヤードしやすい丈になっていたりと、「真面目に着る」以外の選択肢がぐーんと広がっているんです。ジャケットも、デニムも、ロングスカートも白シャツを変えると、いつもの服が新鮮に!

◆あわせて読みたい

カジュアル派アラサー女子の「春のおすすめ服」5選

白シャツ❶TOMORROWLANDにもいろんなデザインが揃ってる!

A.カジュアルに着られるビッグ

A.カジュアルに着られるビッグシルエット。シャツ¥21,000〈Ballsey〉B.ボタンの留め方次第でカシュクール⇔定番の形に。シャツ¥19,000〈TOMORROWLAND collection〉C.どんな羽織りものでもおさまりのいいノーカラー。シャツ¥18,000〈Ballsey〉D.サイドの細ひもでウエストマークできるプルオーバー型。シャツ¥19,000〈BACCA〉E.異素材ヨークがアクセントに。シャツ¥26,000 F.コーデの主役にしたい旬顔デザイン。シャツ¥18,000〈ともにTOMORROWLAND collection〉(すべてTOMORROWLAND)

白シャツ❷ジャケットのインナーにぴったり!

定番こそアップデート!レイヤー

定番こそアップデート!レイヤード上手になれる本命バンドカラーシャツ
今季トレンドのバンドカラーシャツは買いの一着。チュニック感覚でバランスよく合わせられます。シャツ¥21,000(カデュネ/カデュネ プレスルーム)ジャケット¥126,000(マディソンブルー)デニムパンツ¥33,000(マザー/サザビーリーグ)頭に巻いたスカーフ¥28,000(スローン)バッグ¥98,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)イヤカフ¥41,000(リューク)ブレスレット¥7,000〈ワンエーアールバイウノアエレ〉リング ¥15,000〈ウノアエレシルバーコレクション〉(ともにウノアエレ ジャパン)

◆この記事を詳しくチェックする

この春大人女子におすすめの「白シャツ」6選

白シャツ❸白シャツ特化ブランド#Newansがいい感じ

オン/オフで着られるボリューム

オン/オフで着られるボリュームスリーブが新鮮なデザインシャツ
シャツでも肩ひじ張らないゆるシルエットが魅力。空気を含んだボリューム袖が、デイリーコーデを新鮮にアップデートしてくれます。シャツ¥11,000(ハッシュニュアンス)パンツ¥10,000(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)バッグ¥33,000(アラナズ/エルディスト)サンダル¥89,000(プロエンザ スクーラー/シジェーム ギンザ)サングラス¥61,000(アイヴァン7285/アイヴァン7285トウキョウ)イヤリング¥12,000(ジェニーバード/TOMORRO WLAND)

白シャツ❹季節ブリッジにもちょうどいい

まだ寒いこの時季はニットとレイ

まだ寒いこの時季はニットとレイヤード
この春多いバンドカラーデザインにキレイ色ニットを重ねた簡単レイヤードニットの首元、袖、裾からシャツが覗いている。それだけで着こなしがグンとこなれます。シャツ¥16,000(ビームスライツ/ビームス ライツ渋谷)ニット¥18,000(ELENDEEK)パンツ¥17,000(カデュネ/カデュネ プレスルーム)バッグ¥129,000(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)ローファー¥23,000(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)バングル¥14,000(ソコ/ZUTTOHOLIC)

白シャツ❺いつものトレンチコートが新鮮に見える!

「透けシャツ」で、端正なトレン

「透けシャツ」で、端正なトレンチにこなれた〝隙〟を
シャツ¥10,500(SNIDEL/SNIDELルミネ新宿2店)トレンチコート¥42,000(エストネーション/エストネーション)中に着たキャミソール¥8,900(カデュネ/カデュネ プレスルーム)スカート¥12,273(ノーク)バッグ¥14,000(ヴィスク/シップス有楽町店)スニーカー¥72,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)ピアス¥32,000〈ウノアエレシルバーコレクション〉ブレスレット〈上〉¥148,000ブレスレット〈下〉¥120,000〈ともにウノアエレ〉(すべてウノア エレジャパン)ネックレス¥39,000〈アルポ〉リング¥9,460〈ソコ〉(ともにZUTTOHOLIC)

白シャツ❻甘めディテールも、あくまでさわやか

女心にキュンと刺さるエモ可愛い

女心にキュンと刺さるエモ可愛いシャツはデニムで甘さを微調整
肩まわりはコンパクト、カフ周辺にボリュームを持たせたヒロインシャツ。シャリッとした素材感もキレイに着られるポイントです。甘い要素が多くてもすっきりクリーンに着られるのは、「白シャツ」の持つさわやかさのおかげ。シャツ¥23,000(アルアバイル/アル アバイル)デニムパンツ¥25,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥137,000(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)サンダル¥39,000(アンスクリア/アマン)ピアス¥30,000(バージュエリー/TOMORROWLAND)

◆この記事を詳しくチェックする

アラサー女子が「白シャツ」を大人可愛く着る4つの方法

撮影/榎本洋輔〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉モデル/川口優菜 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/濱口眞夕子 撮影協力/AWABEES

「シャツ」関連記事

【無印良品】¥1,990の「白シャツ」をスタイリストが本気で着こなしてみた

2021年をHAPPYにする開運シャツ・ブラウスって?

2021年アラサーのモテ服の極意❸「揺れる服」「甘すぎない服」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE