特集

アラサー女子が「白シャツ」を大人可愛く着る4つの方法

定番としてずっと変わらないと思っていた白シャツだけど、この春は衿のバリエが増えていたり、レイヤードしやすい丈になっていたりと、「真面目に着る」以外の選択肢がぐーんと広がっているんです。ジャケットも、デニムも、ロングスカートも白シャツを変えると、いつもの服が新鮮に!

今年の白シャツ、選ぶなら?

この春大人女子におすすめの「白シャツ」6選

白シャツ特化ブランド#Newansがいい感じ!

昨年デビューし、シンプル&上質なアイテムが揃う#Newansは着るだけでこなれる白シャツの宝庫。お財布に優しい価格帯も魅力です。今着たいと思える白シャツがきっと見つかる!

  • 昨年デビューし、シンプル&上質

    オン/オフで着られるボリュームスリーブが新鮮なデザインシャツシャツでも肩ひじ張らないゆるシルエットが魅力。空気を含んだボリューム袖が、デイリーコーデを新鮮にアップデートしてくれます。シャツ¥11,000(ハッシュニュアンス)パンツ¥10,000(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)バッグ¥33,000(アラナズ/エルディスト)サンダル¥89,000(プロエンザ スクーラー/シジェーム ギンザ)サングラス¥61,000(アイヴァン7285/アイヴァン7285トウキョウ)イヤリング¥12,000(ジェニーバード/TOMORRO WLAND)

  • 昨年デビューし、シンプル&上質

    A.丸みのあるショルダーやギャザーを寄せて作ったAラインシルエット、フレアな袖口が女らしさを演出。シャツ¥13,000 B.後ろ姿もオシャレにキマる、バックオープンデザイン。シャツ¥10,000 C.1枚で映えるトレンド感満載のフリル衿。小顔効果も期待できそう。シャツ¥10,900(すべてハッシュニュアンス)

季節ブリッジにもちょうどいい!

衿の処理、レングスなどがアップデートされ、レイヤードしやすいデザインが増えているから「まだ寒いかな?」なこの時季はニットを重ねて、春本番は1枚で、と季節をまたいで楽しんで。

  • 衿の処理、レングスなどがアップ

    【3月】まだ寒いこの時季はニットとレイヤード
    この春多いバンドカラーデザインにキレイ色ニットを重ねた簡単レイヤードニットの首元、袖、裾からシャツが覗いている。それだけで着こなしがグンとこなれます。シャツ¥16,000(ビームスライツ/ビームス ライツ渋谷)ニット¥18,000(ELENDEEK)パンツ¥17,000(カデュネ/カデュネ プレスルーム)バッグ¥129,000(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)ローファー¥23,000(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)バングル¥14,000(ソコ/ZUTTOHOLIC)

  • 衿の処理、レングスなどがアップ

    【4月】暖かくなったらサラリと1枚で
    シンプルな白シャツを1枚で潔く!甘くなりがちなスカートもハンサムに
    首元の一点ゴールドボタンが、さりげないアクセントに。シャツ¥16,000(ビームス ライツ/ビームス ライツ渋谷)スカート¥67,692(クリスタセヤ/シップス渋谷店)バッグ¥16,000(サマンサタバサ/サマンサタバサ ルミネ新宿店)パンプス¥16,500(ロックポート/ロックポート ジャパンお客様窓口)カチューシャ¥10,500〈ジェニファーオーレット〉ネックレス¥19,400〈ソコ〉(ともにZUTTOHOLIC)バングル¥17,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノ アエレ ジャパン)

いつものトレンチコートが新鮮に見える!

真面目になりがちなトレンチ×白シャツの定番合わせも白シャツをアップデートすれば、グッと新鮮に!キレイめ感がじゅうぶん出るので、小物で遊ぶのも◎。

  • 真面目になりがちなトレンチ×白
  • 真面目になりがちなトレンチ×白
  • 真面目になりがちなトレンチ×白

「透けシャツ」で、端正なトレンチにこなれた〝隙〟を
シャツ¥10,500(SNIDEL/SNIDELルミネ新宿2店)トレンチコート¥42,000(エストネーション/エストネーション)中に着たキャミソール¥8,900(カデュネ/カデュネ プレスルーム)スカート¥12,273(ノーク)バッグ¥14,000(ヴィスク/シップス有楽町店)スニーカー¥72,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)ピアス¥32,000〈ウノアエレシルバーコレクション〉ブレスレット〈上〉¥148,000ブレスレット〈下〉¥120,000〈ともにウノアエレ〉(すべてウノア エレジャパン)ネックレス¥39,000〈アルポ〉リング¥9,460〈ソコ〉(ともにZUTTOHOLIC)

甘めディテールも、あくまでさわやか

春になると着たくなる、ちょっぴり甘い服♥この春は、白シャツで取り入れてみませんか?チビ衿にパフスリーブなど、どんなに乙女なディテールも、ほどよく微糖に仕上がります。

  • 春になると着たくなる、ちょっぴ
  • 春になると着たくなる、ちょっぴ
  • 春になると着たくなる、ちょっぴ

女心にキュンと刺さるエモ可愛いシャツはデニムで甘さを微調整
肩まわりはコンパクト、カフ周辺にボリュームを持たせたヒロインシャツ。シャリッとした素材感もキレイに着られるポイントです。甘い要素が多くてもすっきりクリーンに着られるのは、「白シャツ」の持つさわやかさのおかげ。シャツ¥23,000(アルアバイル/アル アバイル)デニムパンツ¥25,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥137,000(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)サンダル¥39,000(アンスクリア/アマン)ピアス¥30,000(バージュエリー/TOMORROWLAND)

撮影/榎本洋輔〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/川口優菜 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/濱口眞夕子 撮影協力/AWABEES

「シャツ」関連記事

【無印良品】¥1,990の「白シャツ」をスタイリストが本気で着こなしてみた

2021年をHAPPYにする開運シャツ・ブラウスって?

2021年アラサーのモテ服の極意❸「揺れる服」「甘すぎない服」

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus