特集

佐藤匠が直伝!ワンパターンになりがち•••甘めワンピを今っぽく着るコツ

今っぽくてカッコいい着こなしが得意なCLASSY.LEADRSの佐藤 匠さんに、着こなしのコツを教えてもらうこの企画。今回はつい甘くなりがちなワンピースが課題!今の気分にぴったりなキーワードが盛りだくさんです。

❶オケージョンにもオフにも着こなせるネイビーワンピ

「今買うべきなのは普段にもオケ

「今買うべきなのは普段にもオケージョンにも使えるワンピース。ネイビーならシーンも選びません。ボリューム袖が華やかなうえ、タイトなスカート部分でスタイルアップ効果も抜群!」ネイビーワンピース¥25,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)

かっちりワンピはボリューム白スニーカーでハズすのがカジュアルへの近道

「お友達とオシャレなテラスラン

「お友達とオシャレなテラスランチ…なんて時は品の良いかっちりワンピースがいいですよね!そんな時、オケージョンワンピは雰囲気そのままきれいに着ないでカジュアルコーディネートするのがオススメです!そして、ワンピースを普段使いするならまず足元はスニーカーにするのが正解。それもコンバースなどの細身のタイプより、ぽってりしたソールタイプがオススメです。ヘアをアップにすると、よりカジュアルに。今回はサングラスを合わせてアクティブな印象に仕上げました」

ネイビーワンピース¥25,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)サングラス/オリバーゴールドスミス、ピアス/マリアブラック、ネックレス/シーズマーラ、バッグ/ヴァシック、スニーカー/ニューバランス(すべて本人私物)

「バッグの金具がゴールドなので

「バッグの金具がゴールドなのでアクセもゴールドで合わせました。ゴールドは女らしいエレガントな華やかさをプラスするのにぴったりです。デザインもメッシュ素材のゴールドやコインネックレスなど、地金ならではのなじみ感と華やかさを両立したデザインを選びました」

「バッグはワンピースの雰囲気に

「バッグはワンピースの雰囲気に合わせたネイビーのレザーポシェットをコーディネート。このバッグ、小さく見えますが必要なものはしっかり入る実用感まで優秀です。足元は爽やかな白スニーカーで思い切りハズして。このニューバランス530は、ボリューム感とシンプルなカラーリングで見た目以上にスタイリングしやすいうえ、ランニングシューズならではのはき心地の良さです」

 

❷永遠のオシャレの定番“リトルブラックドレス”は、今こそ買いなアイテム!

「いつの時代もずっとオシャレな

「いつの時代もずっとオシャレな女性に愛されてきたリトルブラックドレスは、着るだけオシャレな気分の高揚感が味わえる特別なアイテム。外出の機会が減りつつある今こそ、こんなエレガントなワンピースを普段使いして、気分を高めるのがオススメです。映画デートなど、レディでありながらも気取らない春のイベントにぴったりだと思います」黒ワンピース¥32,000(Theory)

ブルゾンや小物を使って全力でカジュアルダウンするのが今っぽい

「黒ワンピはそのまま雰囲気に流

黒ワンピはそのまま雰囲気に流されてヒールやポシェットでコンサバに着ると、古く見えてしまうので要注意! 夏はブラックミニワンピをさらりと着てシックなお出かけスタイルもいいのですが、春はブーツとブルゾンでカジュアル使いがポイントです。とにかくカジュアルアイテムをたくさん盛り込むのがオシャレで今っぽくなる秘訣。週末のお休みスタイルに良さそうですよね!」

黒ワンピース¥32,000(Theory)ニット/エッセン ロートレアモン、スタジャン/クチュールドアダム、ネックレス/シーズマーラ、バッグ/3.1フィリップリム、ブーツ/ザラ(すべて私物)

「私的カジュアルアイテムである

「私的カジュアルアイテムである①ぽってりソールのブーツ②シルバーアクセ&斜めがけバッグ③ブルゾン④肩がけニットの4ポイントを合わせました。フォーマルなブラックワンピならカジュアル要素を盛ってもやりすぎに見えないし、たちまちほど良いキレイめカジュアルに変わっているはず」

TAKUMI’s PROFILE

TAKUMI’S PROFIL

TAKUMI’S PROFILE
佐藤 匠 東京出身1990年12月14日 173cm instagram:hello_takumi 

学生時代からそのセンスとコーデ力で数々のコーディネートや特集が組まれているほど。大学卒業後はファッションモールに勤務し、販売から企画、バイヤーまで担当。現在は独立しフリーランスでスタイリング提案や企画・ブランドとのコラボレーションなどもしています。

あわせて読みたい

【佐藤匠が厳選】ユナイテッドアローズで春服を買うなら、まずこの3つ!

【佐藤匠が厳選】セオリーで春服買うなら、まずこの3つ!

【佐藤匠が厳選】エブールで春服買うなら、この3つ!

撮影/中田陽子〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 スタイリスト&モデル/佐藤 匠(CLASSY.LEADERS)ヘアメイク/RYO(ROI)取材/さとうかな子  Special thanks/中村真弓 編集/浅田くみ子(CLASSY.ONLINE編集室)

[お問い合わせ先]
Theory(リンク・セオリー・ジャパン) 03-6865-0206
ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア 03-5468-2255

 

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus