特集

【ストール】簡単オシャレな「ストールの巻き方」【❷チェック柄ストール編】

この秋冬のトレンド「大判ストール」は、防寒としてはもちろん、コーデのアクセントとしても大活躍の予感!さらっと羽織ればアウター代わりになり、首回りに巻けば小顔効果もアップする万能アイテムです。しかし一方で、「どう巻けばいいのかわからない」という悩みも。未だ「大判ストール」デビューに踏み切れない方々に向けて、「今年おすすめの1本」を使った秋冬コーデと、その正しい巻き方を第4回に分けてご紹介!2回目は「チェック柄ストール編」です。

第1回「無地ストール編」をチェック!

【ストール】簡単オシャレな「ストールの巻き方」【❶無地ストール編】

おすすめストールコーデ:「チェック柄」×「ポンチョ風巻き」

アウター代わりに羽織ってチェック柄を大胆にアピール

  • 【ストール】簡単オシャレな「ストールの巻き方」【❷チェック柄ストール編】

    カジュアルなデニムでハズしたトラッドスタイル
    パッと目を引く赤のリブニットが、チェックの差し色とリンク。かっちりしたローファーを合わせて、鮮やかでまとまりのよいブリティッシュスタイルに。ボトムスは色落ちの効いた薄色デニムで、カジュアルな抜け感をプラスして。ストール¥57,000(ジョシュア エリス/グリニッジ ショールーム)ニット¥15,000(マイカ アンド ディール/マイカ アンド ディール 恵比寿本店)パンツ¥23,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥33,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)シューズ¥13,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

  • 【Close Up】
    せっかくのチェック柄は、見せる面積も大きく。ショールのようにきちっと羽織るより、アシンメトリーにゆるっと巻く方がこなれて◎。自然な落ち感で、動いた時も可愛い!

◆あわせて読みたい

スリスリスリスリスリスリ…ずっと触れていたい「ふわふわストール」5選

「ポンチョ風巻き」の正しい巻き方は…?

  • 【1】ストールを広げ、右側の方が長くなるように肩がけします。

  • 【2】長く取った右側の布を、ぱたんと畳むように左肩にかけます。この時、腕の付け根より上にかけるようにしないと、身動きが取りにくくなるので注意!

  • 【3】【2】で左肩にかけた布をそのまま右サイドまで一周巻きつけます。

  • 【4】【3】の先端を輪っかの中に軽くしまい込みます。引っかかる程度でゆるめに留めるのがコツ。

動画で巻き方をチェック!

使用した「おすすめチェック柄ストール」は…

王道のモダンスチュアート柄でトラッドに

伝統的なブリティッシュスタイルのストールが揃う『Joshua Ellis』。上質なカシミヤ素材で高級感もたっぷりです。ブルーが基調の「モダンスチュアート柄」は、カラフル配色でコーデを華やかに彩ます。ストール¥57,000(ジョシュア エリス/グリニッジ ショールーム)

撮影/有馬秀星(MOUSTACHE)〈モデル〉、草間智博(TENT)〈静物〉モデル/桐 嵯梨(CLASSY.LEADERS)ヘアメーク/小松胡桃(ROI)スタイリング/児嶋里美 構成/CLASSY.ONLINE編集室

問合せ先:グリニッジ ショールーム 03-5774-1662 マイカ アンド ディール 恵比寿本店 03-6455-0927 ゲストリスト 03-6869-6670 ピーチ 03-5411-2288 ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE