特集

withコロナ・マスク時代のアイメークは「サステナブル女子」が参考になりすぎる!

今のご時世、外出時はマスクがマスト。サージカル、ピッタ、ファブリック…ファッションと同じで、どんなマスクをしているかはその人らしさを表すと言っても過言ではないかもしれません。マスクの個性に合わせて、なりきり美人アイメークを考えてみました。
今回は「サステナブル女子」のナチュラルなオシャレ顔を研究します。

ファブリックマスク派の目指すべきアイメークは?

サステナブル女子のナチュラルなオシャレ顔メークを

withコロナ・マスク時代のアイメークは「サステナブル女子」が参考になりすぎる!

今注目の“サステナブル”。今どきヘルシー系女子たちが選ぶマスクは、洗えてエコな布マスク。ナチュラルだけどほっこりしすぎるのはNG、大人っぽくてセンスのいいメークに仕上げて。

目指すべきアイメークを実際にやってみた

リネンマスクのナチュラル感をオシャレに格上げするオレンジ×カーキの目元に

抗菌リネンマスク¥1,600(ネストローブ/ネストローブ表参道店)ボーダーカットソー¥1,556(サードスプリング)ヘアバンド¥1,800リング¥1,500(ともにアネモネ/サンポークリエイト)

  • マスクを取ると…こんな感じ

  • 赤みベージュのチークは、顔がぼやけないように引き締めながらあたたかみもプラスしてくれる。ミネラルプレストチーク シナモンベージュ¥3,500(エトヴォス)

  • ほんのり自然な血色感の出るレッドピンク。AQリップスティック27 ¥6,000(コスメデコルテ)※8/21発売

目元はこんな感じ

  • ナチュラルメークというと無難にブラウンでまとめたくなるけれど、ブラウンの延長線気分で使えるオレンジとカーキ。

  • ナチュラルさはキープしながら今どきのオシャレアイに。

使用したコスメ&プロセスはこちら

使用コスメ

A.赤みの強いオレンジと、ブラウンがかったカーキのコンビがナチュラルすぎず行きすぎないオシャレ感を演出。デザイニングカラーアイズ133 ¥6,800(SUQQU)※8/1発売、限定色 B.マスカラ下地、トップコートとして1本2役で使えるクリアタイプ。「これをつけると湿気がひどくても、マスクから蒸気が上がってもまつげのカールが落ちてこない」とヘアメークyumiさんも太鼓判。キャンメイク クイックラッシュカーラー¥680(井田ラボラトリーズ)C.ブルーパール入りのスモーキーなゴールド系カーキなので、色を感じさせながらも自然な大人のカラーマスカラ。アートエクスプレッショニストマスカラ01 ¥4,000(THREE)※8/19発売 D.ピンクみのあるブラウンのアイブロウパレット。フェミニンで柔らかな印象の眉に。インディケイト アイブロウパウダー07 ¥3,500(セルヴォーク)E.きちんと毛をキャッチする極細ブラシで眉1本1本に色づけることが可能。毛をかためることなくスタイリングでき、自然なカーキブラウンの色味など、どんな人でも使いやすい秀逸な眉マスカラ。デジャヴュ アイブロウカラー2 ¥880(イミュ)

How to

  • ①オレンジシャドウをまぶた全体に入れる
    Aの右上をアイホールより広めにブラシを左右させてのせる。さらに指で眉下までのばす。

  • ②細チップでカーキのシャドウラインを入れる
    Aの右下のカーキでラインを。目尻から目の中央まで引き、次に目尻を2~3ミリのばす。

  • ③下まぶたの涙袋にもオレンジをのせる
    Aの右上のオレンジを下まぶた全体にブラシでふわっと入れる。

  • ④マスカラ下地でカールをロックして湿気から守る
    Bのマスカラ下地を根元からのせ、マスクから漏れる湿気でまつげがだれるのをブロック。

  • ⑤カーキのマスカラでさりげなくオシャレに
    Cのカーキのマスカラは毛先中心に上下さらっとつける。根元を抜くとラインが際立つ。

  • ⑥ピンクブラウンで色づけながら眉を描く
    Dの上2色を混ぜて眉にポンポンと色を置くようにのせる。毛が足りないところを重点的に。

  • ⑦根元から眉マスカラで色づけて自然な眉に
    毛を立てて1本1本根元から色づけながら眉尻から眉頭へ。その後、毛流れに沿って整える。

撮影/佐々木 健 モデル/西野実見 ヘアメーク/yumi(ThreePEACE) スタイリング/栗尾美月 イラスト/itabamoe 取材/中尾のぞみ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE