特集

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❹ゆるシニヨン編】

暑くなる季節に欠かせないヘアアレンジ。いつも通りヘアアレンジをして、マスクをしたら「何か変…」って思ったことありませんか? 実は、マスクをすることで顔の平面部分が増えるので、ルーズなアレンジは毛束が悪目立ちしたり、バランスが悪く見えてしまうんです。そこで、マスク前提のバランスのいいヘアアレンジを4回に渡って紹介。
第4回目は「こなれ感を出したい時のシニヨンアレンジ」を、前髪あり、なし別で紹介します。

1. 前髪ありの人のマスクアレンジ

ねじってシニヨンにするだけで、理想の無造作感が

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❹ゆるシニヨン編】

きちんとまとめると、かしこまりすぎ…ルーズにまとめるとだらしがなく見えるシニヨン。仕込みのワックスを工夫したり、ねじってからシニヨンを作ることで、ほどよく無造作なシニヨンが完成します。また、まとめる位置は、耳の高さぐらいのあえて中途半端な位置がベスト。ラフな雰囲気になり、コーディネートを今っぽくアップデートできます。

  • Front

  • Back

  • マスクを外した状態

【How to】

  • 準備:全体に軽めのヘアスプレーを吹きかけたあと、32mmのアイロンで、顔周りはリバースに、その他はランダムにざっくり巻いておきます。オイルを手のひらによく伸ばして、毛先中心になじませるようにしてつけます。

  • ❶ワックスを髪全体になじませます。バックの耳の高さぐらいに向けて手ぐしで髪を集め、ビニールゴムで結んでポニーテールにします。

  • ❷毛先までねじっていきます。きっちりねじらず、ラフにねじると無造作感が出せます。

  • ❸毛束を根元のゴムに巻きつけ、シニヨンを作ります。毛先までまきつけてから、ビニールゴムで結んで固定します。

  • ❹❶でつけたワックスを使って、顔回りの毛を指でつまみ、少し動きを出して完成です。

2. 前髪なしの人のマスクアレンジ

フロントがシンプルな分、バックでヘルシーに盛って

マスクをする邪魔になるので後れ毛を作らない分、フロントからの印象はすっきりとした印象になる、前髪がない人のシニヨン。くるりんぱをしてからシニヨンを作ることで、まとめた部分に立体感ができ、トレンドトップスにもマッチする、ヘルシーに華やぐシニヨンアレンジになります。

  • Side

  • Back

  • マスクを外した状態

【How to】

  • 準備:前髪がある人と同様に、スプレーを吹きかけてから顔周りはリバース、それ以外はランダムにざっくりとアイロンで巻きます。毛先中心にオイルをなじませます。

  • ❶スタイリングミルク(柔らかめのワックス)を髪全体になじませます。フロントを6:4で分け、耳ぐらいの低めの高さでひとつ結びにします。

  • ❷❶の毛束を2つに分けます。右の根元から約5cmのあたりをゴムで結び、結び目の少し上に穴をあけ、毛先を上から通してくるりんぱをします。

  • ❸左の束も、同様にくるりんぱをします。ヘルシーなシニヨンを作るための大事なプロセスです。

  • ❹右の束を上から反時計周りに根元に巻きつけ、毛先をアメピンで留めます。

  • ❺左の束も、バランスのいいシニヨンになるよう時計回りに根元に巻きつけ、アメピンで留めます。

  • ❻サイドの毛流れを少し落とすようになでつけます。後れ毛がなくても、フロントの印象が寂しくなりません。

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❶ハーフアップ編】

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❷ねじりアレンジ編】

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❸ポニーテール編】

撮影/杉本大希 ヘアメーク/YUTA..(CAROYS) モデル/石井里奈、中瀬古ゆきな(CLASSY.LEADERS) 取材/味澤彩子 構成/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE