特集

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❶ハーフアップ編】

暑くなる季節に欠かせないヘアアレンジ。いつも通りヘアアレンジをして、マスクをしたら「何か変…」って思ったことありませんか? 実は、マスクをすることで顔の平面部分が増えるので、ルーズなアレンジは毛束が悪目立ちしたり、バランスが悪く見えてしまうんです。そこで、マスク前提のバランスのいいヘアアレンジを4回に渡って紹介。
第1回目は「女性らしく盛れるハーフアップアレンジ」を、前髪あり&なし別で紹介します。

1. 前髪ありの人のマスクアレンジ

“くるりんぱ”のひと手間で、やりすぎないほどよい束感が

マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❶ハーフアップ編】

シンプルなトップスに女性らしい甘さを盛れるハーフアップ。前髪があって、レングスが短めの人は、髪を多めにまとめるとバランスがよく見えます。過剰な毛束感は、マスクをしているとミスマッチですが、タイトすぎるとクラシカルな印象に。毛束を“くるりんぱ”して、ほどよい束感を出すのが正解です。

  • Side

  • Back

  • マスクを外した状態

【How to】

  • 準備:全体に軽めのヘアスプレーを吹きかけたあと、32mmのアイロンで、顔周りはリバースに、その他はランダムにざっくり巻いておきます。

  • オイルを手のひらによく伸ばして、毛先中心に、全体になじませるようにしてつけてベースワークは完成です。

  • ❶顔回りにヘアバームを少量のばし、耳より上の髪をバックに集めます。

  • ❷集めた髪を、目の高さでビニールゴムで結びます。レングスが短い人は、髪を多めにとるとバランスが良くなります。肩につくボブより長い人は、これより低めの位置で結ぶと◎。

  • ❸ゴムで結んだ部分の少し上に穴をあけ、毛束を上から通し、くるりんぱをします。毛束を2つに分けて、左右から引っ張るようにしてぎゅっと締めます。

  • ❹毛先や顔回りの髪をつまみ、適度に動きを出します。ここがパサついていると疲れて見えるので、マスクアレンジの重要なポイントです!

2. 前髪なしの人のマスクアレンジ

まとめる毛束を少なめにし、カジュアルな抜け感を

前髪がない人は、ハーフアップのまとめる毛束の量感が大事。多いと古い印象になるので、少なめにまとめます。さらにツイストを加えることで抜け感が生まれ、ハーフアップらしい甘さがありながら、今っぽさもプラスできます。毛束感を抑え目にする分、ヘアバームでツヤ感は足すこと。パサついていると、疲れた印象に見えることも。

  • Side

  • Back

  • マスクを外した状態

【How to】

  • 準備:前髪がある人と同様に、スプレーを吹きかけてから顔周りはリバース、それ以外はランダムにざっくりとアイロンで巻きます。毛先中心にオイルをなじませます。

  • ❶毛先、顔回りを中心にアレンジワックスをなじませます。ハチ回りの髪をバックに集め、目より高い位置でビニールゴムで結んでポニーテールにします。

  • ❷先ほどまとめた髪のすぐ下の毛束をねじりながら、バックへ集めます。まずは左から。

  • ❸右サイドも同様にねじりながらバックへ。こうすることで、分け目が目立たなくなります。

  • ❹ねじった毛束を、ゴムで結んだ毛束の上でクロスさせます。

  • ❺クロスさせた毛束を、アメピンでとめます。バックスタイルにアクセントができ、簡単ですが、凝って見えるポイントです。

  • ❻最初になじませたアレンジワックスを使い、顔回りのうぶ毛を指でつまみ、こすり合わせるように動きをつけます。

  • ❼毛先を手で揉みこみ、動きとツヤ感を出します。トップに動きがない分、毛先にボリュームを出しておきましょう。

撮影/杉本大希 ヘアメーク/YUTA..(CAROYS) モデル/石井里奈、中瀬古ゆきな(CLASSY.LEADERS) 取材/味澤彩子 構成/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE