マスクをしている日の髪型がダサい問題を解決!【❶ハーフアップ編】

暑くなる季節に欠かせないヘアアレンジ。いつも通りヘアアレンジをして、マスクをしたら「何か変…」って思ったことありませんか? 実は、マスクをすることで顔の平面部分が増えるので、ルーズなアレンジは毛束が悪目立ちしたり、バランスが悪く見えてしまうんです。そこで、マスク前提のバランスのいいヘアアレンジを4回に渡って紹介。
第1回目は「女性らしく盛れるハーフアップアレンジ」を、前髪あり&なし別で紹介します。

1. 前髪ありの人のマスクアレンジ

“くるりんぱ”のひと手間で、やりすぎないほどよい束感が

シンプルなトップスに女性らしい

シンプルなトップスに女性らしい甘さを盛れるハーフアップ。前髪があって、レングスが短めの人は、髪を多めにまとめるとバランスがよく見えます。過剰な毛束感は、マスクをしているとミスマッチですが、タイトすぎるとクラシカルな印象に。毛束を“くるりんぱ”して、ほどよい束感を出すのが正解です。

【How to】

2. 前髪なしの人のマスクアレンジ

まとめる毛束を少なめにし、カジュアルな抜け感を

前髪がない人は、ハーフアップの

前髪がない人は、ハーフアップのまとめる毛束の量感が大事。多いと古い印象になるので、少なめにまとめます。さらにツイストを加えることで抜け感が生まれ、ハーフアップらしい甘さがありながら、今っぽさもプラスできます。毛束感を抑え目にする分、ヘアバームでツヤ感は足すこと。パサついていると、疲れた印象に見えることも。

【How to】

撮影/杉本大希 ヘアメーク/YUTA..(CAROYS) モデル/石井里奈、中瀬古ゆきな(CLASSY.LEADERS) 取材/味澤彩子 構成/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

Pickup