特集

いつも健康的!CLASSY.スタッフの「免疫アップ美容」まとめ

いつ自分の身にふりかかるかもわからない、感染症リスク。手洗いや3密対策はもちろんだけれど、他にも美と健康のためにやれることはたくさんあるはず。いつもヘルシー、風邪も滅多にひかないCLASSY.スタッフたちに、免疫アップのためにしていることを教えてもらいました!

飲むだけで免疫アップ!~サプリ編~

  • いつも健康的!CLASSY.スタッフの「免疫アップ美容」まとめ

    シンプリスの「センシュアル ネンマクケア」【ライター中尾】
    「ビタミン類やミネラル、乳酸菌も欠かさず摂るようにしていますが、最近それに合わせて摂り始めたのがこのサプリです。ウイルスが感染するのは喉、鼻、目などの粘膜に付着することが原因。人間は、喉、鼻、目だけでなく膣、そして体内の内臓すべてが粘膜でできているから、これらを強くできるのは究極のインナーケアです。また、口臭など気になる匂いも防止できるというメリットも。今までにない視点と、かゆいところに手が届く商品だな、と興味を持って飲み始めました。なんとなく調子が良い気がするという以上に、このコロナ不安の中で、免疫アップできる心強さがすごく頼もしく感じる、お気に入りです。」(ライター 中尾のぞみさん)

  • アイハーブのサプリメント【編集 本間】
    「ビタミンCは排出されやすいので、体内でゆっくり吸収される(らしい)タイムリリース型を選んでいます。ビタミンBは筋トレをしているので体のリカバリー目的で。フィッシュオイルはあまり魚を食べないので飲み始めたのですが、寝る前に飲むと目覚めがいい気がします。抗菌作用があると言われているマヌカハニーは1枚ずつ小分けになっているので持ち歩けて便利」(編集 本間万里子)

やっぱり運動が大切!~トレーニング編~

  • エミ・レナータさんの「バンドトレーニング」【ライター濱口】
    「CLASSY.モデルのエミが毎日InstagramでLIVE配信してくれているバンドトレーニングを、一緒にやっています。テンポよく英語混じりに話しかけてくれるLIVEは、HAPPYそのもの!日によって、お尻、上半身などパーツごとに、簡単にお家でできるワークアウトを教えてくれて、エミが選んだノリノリの曲で一緒にできるので、ハードな内容でもがんばれます。見るだけで楽しい気分になるカラフルなバンドは、エミのオリジナル。足に重りをつけて(!)自分をさらに追い込んでいます。日光浴と笑いも免疫力アップと信じて毎日励んでいます♪」(ライター 濱口眞夕子さん)

  • Reebokのトレーニングアイテム【ライター野田】
    「自粛生活中に体の不調を感じ、急いでReebokのトレーニングマットとダンベル、ストレッチポール、oni-onの骨盤ベルトを購入。朝晩しっかりストレッチをするように。中でもストレッチポールは健康面での救世主! ポールの上に縦に背中を乗せてコロコロするだけで背中〜腰の凝りや張りがほぐされて、偏頭痛や腰痛や肩こりから開放されます。腸の動きも良くなって、免疫アップに一役買ってくれました」(ライター 野田春香)

基本の体作りはここから~食事編~

  • メルローズの「アップルサイダービネガー」【ライター広田】
    「善玉菌を増やす酢酸は免疫upに効果的と聞き、取り入れるようになりました。このリンゴ酢は以前マッシュビューティラボさんと仕事をしたときに飲ませてもらって、美味しさに感動! 夏は炭酸水で割って飲むと、さっぱりとしてオススメです」(ライター 広田香奈さん)

  • 「発酵食品」【ライター佐藤】
    「自家製ぬか漬けとピクルス。麹とお酢で免疫アップ!最近は匂いがキツくないぬか床も発売されているので、冷蔵庫で手軽に漬けられます。白ワインビネガーたっぷりのピクルスは洋食のおかずに。余った野菜を漬けてもいいし、彩りのある一品作り置きおかずにもなるので、ぬか漬けとピクルスを漬けておくと毎日便利です」(ライター 佐藤かな子さん)

詳しくはこちら!

いつも健康的!CLASSY.スタッフの「免疫アップ美容」PART1

いつも健康的!CLASSY.スタッフの「免疫アップ美容」PART2

いつも健康的!CLASSY.スタッフの「免疫アップ美容」PART3

構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE