CLASSY.

簡単ヘアアレンジ

大人もOK!流行ヘアアクセの「簡単アレンジ」なら、3分でオシャレ度アップ①【棒メタルバレッタ編】

いつものダウンヘアじゃもの足りない。でも難しいアレンジは苦手だし、下手に挑戦して失敗したくない…そんなアレンジ下手さんは意外と多いはず。そんな人こそ、流行ヘアアクセに頼るのが正解です。何か物足りないなと思ったら、取り入れるだけでたちまち今っぽい雰囲気になれるんです。そんなオンにもオフにもぴったりな簡単アレンジは、毎日のオシャレの味方になってくれるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

今っぽさ抜群!「メタルヘアアクセ」に注目!

「Sylvain Le Hen(シルヴェイン リ ヘン)」は、2003年、ヘアスタイリストSylvain le Henによって創設。フランス発のミニマルで洗練されたヘアアクセサリーブランドで、ひとつつけるだけで華やぐ存在感とリゾートやタウンでも合わせやすいシンプルで洗練されたデザインが特徴。セレクトショップで売り切れ続出のヘアアクセです。Sylvain Le Hen(シルヴェイン リ ヘン)のメタルバレッタ(スタッフ私物)

とにかく簡単!メタルバレッタを使ったヘアアレンジ3選

1.30秒で完成! メタルバングルの片側ねじりアレンジ

ただのダウンヘアよりもサイドに毛流れができてニュアンスが出るからさりげなく流行感ができます。左右表情が違うアシンメトリーな仕上がりも今っぽくてオシャレ。出先でもできるくらい簡単だから忙しい日にもぴったりなアレンジです。

  • FRONT

  • BACK

作り方はこちら!

  • 1.片側の耳よりも前の髪の表面だけをすくって毛束を作ったらきつめに一回ねじってからダッカールで留めておきます。ダッカールがなければ、大きめのヘアクリップで代用してもOK。

  • 2.ダッカールと平行に耳の後ろの髪をバレッタで留めれば完成です。簡単なので出先でささっとアレンジできます。

2.バレッタで留めるだけ! 縦ラインが新鮮なこなれポニーテール

棒状のメタルクリップを縦に使ってポニーテールを作れば、難しいテクニックなしで大人っぽいこなれた雰囲気に仕上がります。メタルバレッタが洗練されたクールなデザインだから、オフィスシーンにもぴったりです。

  • FRONT

  • BACK

作り方はこちら!

  • 1.前髪と顔周りの後れ毛をきちんと残しつつ、手ぐしで髪全体をまとめたら高め位置で束ねて。普段のポニーテールより高めに、前から見えるくらいの位置で束ねるのがベストです。

  • 2.バレッタでとめたらトップの毛をひとつまみ引き出します。頭のトップよりやや前側の髪を引き出すと、今っぽいこなれ感が出せます。

3.バレッタ一本留めで作る、ゆるふわポンパドール

普通のヘアピンだと時代遅れな印象のポンパドールだけあって、今っぽいメタルバレッタなら洗練された雰囲気に仕上がります。さらに顔周りに残したうぶ毛とナチュラルにボリュームを出したポンパドールが流行感の秘訣なんです。

  • FRONT

  • BACK

作り方はこちら!

  • 1.両サイドのうぶ毛を小指分くらいの毛束分を残して、前髪を後ろに持ってくる。

  • 2.1で引き出したトップに逆毛を立てて自然なボリューム感を出す。そのままバレッタで留めれば完成!

教えてくれたのは
ヘアメーク小松胡桃さん

森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメイクを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメイクから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメイクを提案してくれます。

モデル/桐 嵯梨 撮影/中田陽子[MAETTICO]ヘアメイク/小松胡桃[ROI] 取材/佐藤かな子 構成/CLASSY.WEB編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE