特集

最近トレンドが変わってきた!?「キャップの日、大人にちょうどいいヘアアレンジ」

夏に欠かせないアイテムといえば、帽子。紫外線対策や暑さしのぎになるだけでなく、ヘアアレンジ次第でコーデにこなれ感を足してくれるんです。今回は人気の3タイプの帽子の選び方とともに紹介します!

猛暑対策のヘアアレンジ「意外に知らない、帽子をかぶる日の髪型」のおすすめは?

キャップのおすすめヘアアレンジ[ハーフアップシニヨン]

甘めのハーフアップもキャップと合わせて軽快なスタイルに!

シニヨンはたっぷりボリュームを
ロゴキャップ¥4,180(ニューエラ)キャミワンピース¥14,850(ROSE BUD/ROSEBUD ルミネエスト新宿店)ノースリーブカットソー[2枚組]¥3,080(ヘインズ/ヘインズブランズ ジャパンカスタマーセンター)ピアス¥7,920(ファシアータ/フォーティーン ショールーム)バングル¥44,000(SAI)

シニヨンはたっぷりボリュームを出し、毛先もほどよく引き出してゆるい雰囲気に。今季流行りの深めのキャップがバランスよく仕上がります。

[ハーフアップシニヨン]の作り方を解説!

  • シニヨンはたっぷりボリュームを

    1.ベースをざっくりと巻き、ハーフアップの毛束を耳の高さでシニヨンにしてキャップの穴を通してかぶります。シニヨンを左右に広げて崩し、毛先の毛束半分だけ長めに引き出すとラフな雰囲気に。

  • シニヨンはたっぷりボリュームを

    2.バックスタイルにはシニヨンがありますが、正面から見たときもアクセントを作るために前髪をすべて下ろします。

  • シニヨンはたっぷりボリュームを

    3.キャップは浅めにかぶって前髪の根元をつぶさないようにするのがコツ。

キャップの選び方は?

かぶるだけでラフ感を演出できるいちばん人気のキャップ!

今季人気なのは、無地のダークカラーに1ポイント刺繍などが入ったデザイン。形は今までより少し深めを選ぶと今っぽい表情に。シンプルなデザインなので初心者でも手が出しやすい!

教えてくれたのは…ヘア&メークアップアーティスト MAKIさん

CLASSY.のファッションペ

CLASSY.のファッションページで大活躍のヘアメークさん。今っぽくてヘルシーで、簡単に作れるヘアアレンジに定評があります。

撮影/花盛友里 モデル/愛甲千笑美 ヘアメーク/MAKI スタイリング/中村真弓 取材/よしだなお 再構成/Bravoworks.Inc

「シニヨン」関連記事

忙しい朝でも3分以内に完成!コテで巻かない「簡単ヘアアレンジ」4選

使うのはヘアゴム1本だけ!簡単大人ヘアアレンジ【上品シニヨン】

「シニヨンの前髪ぱっくり分け」を解決!|なんかダサい…を回避するヘアアレンジ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus