特集

寒い冬、体が冷えていると起こりやすい「4つのデメリット」

一年で一番寒い時期がいよいよ到来。「温活」という言葉もあるように、やっぱり体が冷えてしまうのは避けたいところです。いつでもぽかぽかなウェルビー女子を目指して。今回は、体が冷えると起こりやすくなる4つのことを紹介します。

ぽかぽか温活♡アラサーの冷え対策コスメ5選【連載 コスキチCLINIC-Vol.2-】

ただ温めるのではなく、血流をよくして冷えない体作りを!

外に出る機会が増えますが、身体の冷えに気をつけて!コート¥29,700(グリーン レーベル リラクシング/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)ニット¥24,200(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ストール¥3,300グローブ ¥2,200(ともにAZUL BY MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)イヤリング¥4,860(アビステ)
外に出る機会が増えますが、身体の冷えに気をつけて!コート¥29,700(グリーン レーベル リラクシング/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)ニット¥24,200(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ストール¥3,300グローブ ¥2,200(ともにAZUL BY MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)イヤリング¥4,860(アビステ)

誤解されがちなのですが、「冷え」自体が悪いのではありません。「体が冷えている=血流が悪くなっている」という状態がよくないのだと理解してほしいです。温活のなかにはただ温めることを推奨しているものがあります。でも冷える部分を温めるだけではその場しのぎに過ぎず、温めすぎは熱中症の原因にも。子宮を温めるという考えもありますが、そもそも子宮は体の奥にあるので冷えることはありません。基礎体温を上げるといいとされていますが、個人差があり、簡単に上げられるものではないのです。また食事制限をしている場合、筋力が低下し、血流が滞って体が冷えていることも。単純にエネルギー不足なので体温を上げることができません。さらに睡眠不足が加わると、自律神経が乱れて体温調整がうまくいかなくなります。血流をよくして健康な体になるためには、まずは当たり前ですがバランスのよい生活をすることです。やみくもに体を温めるのではなく、正しい解決法に挑んで冬を乗り切りましょう!

冷えの注意ポイント4つ

  • 誤解されがちなのですが、「冷え

    \注意ポイント1/
    傷が痛んだり痛みに敏感になる
    冷えると体の傷がうずいたりします。また、交感神経が優位になって体にストレスを与えるので痛みに敏感になり、生理痛がいつもより激しくなることもあります。

  • 誤解されがちなのですが、「冷え

    \注意ポイント2/
    女性の大敵である肌のくすみやシワを引き起こす
    体が冷えていると悪い成分が代謝されず肌にとどまり、くすみやシワの原因になることが。毛穴を引き締めるために冷やす人もいますが、あまり効果はありません。

  • 誤解されがちなのですが、「冷え

    \注意ポイント3/
    体がだるく感じてむくみや下痢、便秘になる
    血流不足になった場所は酸素が行き渡らず代謝が悪くなり、だるく感じたりむくみやすくなります。血流が悪くなると腸の動きも悪くなり便秘や下痢の原因になることも。

  • 誤解されがちなのですが、「冷え

    \注意ポイント4/
    関節の動きがにぶくなり転倒の危険が高まる
    手足が冷えると関節の動きが固くなり、手足が動かしづらくなります。怪我をしやすくなるので、ストレッチなどをして血流をよくしましょう。

教えてくれたのは…

医師 高橋怜奈先生 東邦大学医

医師 高橋怜奈先生
東邦大学医療センター大橋病院・産婦人科に在籍。ベリーダンサー、元プロボクサー。Twitter(@renatkhsh)やYouTubeなど、SNSでの医療情報の発信も積極的に行っている。

撮影/大瀬智和 モデル/岩﨑名美 ヘアメーク/小松胡桃(ROI)スタイリング/村瀬萌子 取材/よしだなお 再構成/Bravoworks.Inc

「温活」関連記事

ぽかぽか温活♡アラサーの冷え対策コスメ5選【連載 コスキチCLINIC-Vol.2-】

カルディで買える!話題の【腸活】にも期待できる健康おやつ3選

腸活モデル・加治ひとみが「健康のためにしていること」リスト5選【ゼロから分かる自律神経】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus