特集

【大注目ブランド「OSAJI」のチーク】で“古臭い顔”から脱却!

マスク生活でメークもガラリと変わったこの1年。どうせマスクで隠れるし…と、チークを去年と同じままにしていませんか? 顔の印象を決める大切なアイテムだからこそ、チーク次第で表情が古臭く見えてしまう危険も…。今っぽい印象を作るにはどうすれば?に応えるチークのアップデート術を人気ヘアメークの小松胡桃さんに教えてもらいます!

注目ブランドの練りチークで自然な血色感を演出

マスクで隠れるから何もしなくて

マスクで隠れるから何もしなくていいや…と普段ノーチークの人こそ試してほしいのが、肌感を残しながらも自然な発色を仕込めるクリームチーク。肌への密着感が高くヨレにくいので、マスクの下に仕込むチークとしてもおすすめです。ほんの少しの血色感で、表情の印象はガラリと変わるもの。夏のヘルシー感も演出できる“チークレス風ヌードトーンメーク”、ぜひトライして!

ヌーディチークはこれを買えば間違いない!

肌にピタッと密着する「OSAJI」のニュアンス フェイスカラー

CLASSY.世代に超イチオシ
オサジ ニュアンス フェイスカラー04 ¥2,750

CLASSY.世代に超イチオシ!なコスメブランド「OSAJI」。こちらは頬、目元、唇ににじむような色とツヤを添える、マルチユースなフェイスカラー。使用色「Akebono」はピンクのメタリックパールを潜ませたヌーディなオレンジベージュ。

“ヌーディ血色チーク”の作り方は?

ほんのり薄付きで表情をブライトアップさせるヌーディチーク。シアーな発色だからこそ、入れる場所がポイントです。小松さん直伝のHOW TOをチェック!

  • ほんのり薄付きで表情をブライト

    ①適量を指に取り、頬中央にのせる

    クリームタイプのチークは指でそのままのせるとナチュラルな仕上がりに。頬の中央(黒目下あたり)から斜め上をめがけ、スライドするように広げます。

  • ほんのり薄付きで表情をブライト

    ②もう一度指にとり頬骨上に重ねる

    改めて指にチークをとり、今後は眉尻の下あたりまで伸ばして。幅を広めに入れることで、マスクをしているときの横顔まできれい見せ。マスクあり・なし両方に対応した仕上がりに。

教えてくれたのは…ROIの小松胡桃さん

ROI所属。森ユキオ氏に師事後2018年独立。ナチュラルからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメークが得意。最新のファッションに映えるヘアメークを提案してくれます。

ワンピース¥15,378(アニュアンス tel:03-5770-9334)パールチョーカー¥22,000ネックレス¥24,200(ともにete tel:0120-10-6616)

問い合わせ先:
OSAJI ☎️0120-977-948

撮影/村松巨規(人物)皆川哲矢(静物) モデル/立花朋実〈CLASSY.LEADERS〉 ヘアメーク/小松胡桃〈ROI〉 スタイリング/近藤和貴子 取材/角田枝里香 構成/宮島彰子〈CLASSY.ONLINE編集室〉

アラサー女子の老け見えNGメーク「リップがコンサバすぎ」

アラサー女子の老け見えNGメーク「カラコン頼りのアイメーク」

アラサー女子の老け見えNGメーク「ファンデの塗りすぎ」編

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus