特集

「マスクの摩擦に強いメーク」おすすめコスメと作り方

マスクをしていると、紫外線対策を怠りがち。でも油断は禁物です。紫外線はマスクを突き抜けて、肌にビシビシ伝わっているもの。しかもマスク摩擦という新たな問題も出現し、コロナ前より肌トラブルに悩んでいる人も多いのでは?メークで薄いベールをかけることが、解決の糸口になるはず!

「マスク摩擦を緩和できるメーク」3つのポイントを解説

「マスクの摩擦に強いメーク」おすすめコスメと作り方

肌の透明感をぐんと高めて、ベールをまとったサラツヤ肌に

シャツワンピース¥9,790(

シャツワンピース¥9,790(ビーミング by ビームス/ビーミング ライフストア by ビームスアーバンドック ららぽーと豊洲店)ピアス¥17,270〈パズコレクティブ〉リング¥4,620〈フル オブ グレイス〉(ともにZUT TOHOLIC)マスク[2枚セット]¥2,200(20/80/UTS PR)

「サラツヤ肌」に必要なコスメは

A.肌と一体化する日焼け止め乳

A.肌と一体化する日焼け止め乳液。肌を保護しながら色素沈着や光老化から肌を守ってくれます。スノー UVシールド トーンアップ 50+ SPF50+ PA+++ 30㎖¥6,930(パルファン・クリスチャン・ディオール) B.赤みをカモフラージュしながら毛穴もカバー。MiMC ミネラルレイザーバーム カラーズ 06 SPF20 PA++¥5,170、ケース¥1,210(ともにメイクアップキッチン)限定発売 C.素肌のような超薄膜をまとえるファンデーション。スキンリフレクト ラスティング UV クッションファンデーション SPF50+ PA++++¥4,950(アディクション ビューティ) D.くすみはもちろん、肌の凹凸までもカモフラ。プリズム・リーブル No.3¥7,480(パルファム・ジバンシィ) E.天然由来成分96%。ハイライトとしてはもちろん、チークとしても。濡れたようなテクスチャーを瞬時にまとえます。SNIDEL スキンエンハンサー 01¥3,630(SNIDEL BEAUTY) F.まとうだけで凛としたオーラを発揮するオレンジベージュ。ルナソル カラーリングシアーチークス[グロウ]03¥3,850[ケースとのセット価格](カネボウ化粧品)G.肌から浮かないシアーな質感。セルヴォーク ヴォランタリー アイズ  H.顔にパッと華やぎを与えてくれるマットなペールピンク。各¥2,200(ともにセルヴォーク) I.まろやかな赤みのブラウン。目元を引き締めつつ、旬のヌケ感も。ニュアンス アイライナー 102¥3,300(SUQQU)5/7限定発売 J.印象的な目元をつくるボリュームマスカラ。エクストラボリューム カラーマスカラ 07¥4,840(アンプリチュード) K.素肌を生き生きと演出してくれるオレンジ。UNMIX モイスチャーリップスティック 03¥3,960(UNMIX)※6/1発売

「サラツヤ肌」の作り方

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    まずはA.を100円玉ほど出し、肌全体にのせます。吹き出物などの肌トラブルによる凹凸をしっかりとカバーします。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    次にB.を頬の赤みが出やすい部分、眉間、目の下の三角ゾーン、鼻の下にのせます。赤みを消すことで透明感が高まります。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    C.を頬の中心を起点に内から外に向かってのばします。この塗り方なら内側は濃く、外側は薄くつき自然な立体感が。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    D.を4色パフにつけ、混ぜたら、顔の外側から内側に向かってON。中央はマットになりやすいので薄くつくくらいが正解。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    E.を額の中央、眉間、眉下、目頭のくぼみ、あごの高いところにON。ここにのせると、目が離れた印象になり、優しげに。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    F.を2のブルーの下地をのせた横、頬の高いところを起点に耳の横に向かってON。目尻の下が三角になるようにして。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    G.を下まぶたのキワ全体と、上まぶたの眉下手前までに指でのせます。眉下は5で入れたハイライト部分に重ねないこと。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    さらに上まぶたの黒目の上から目尻までの二重幅にH.をブラシでのせます。ピンクのグラデーションで旬の目元に。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    次にI.を目頭から目尻までにのせます。まつ毛とまつ毛の間をうめるようにのせて。目尻側は少しはみだすのがポイント。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    まつ毛をビューラーで根元からしっかり立ち上げ、J.でまつ毛の上下にたっぷりとマスカラを。ブラウンでやわらかな色気が。

  • A.肌と一体化する日焼け止め乳

    仕上げにK.を唇全体に直塗りします。他がふんわりとした色なので、唇はオレンジブラウンでしっかりと締めるのがコツ。

教えてくれたのはこの人

ヘア&メークアップアーティスト 川村友子さん

本誌をはじめ、さまざまなメディ

本誌をはじめ、さまざまなメディアで大活躍。つくりこみすぎないのに女性らしさを体現するヘアメークにファンが多数。

撮影/花村克彦〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉モデル/夏海 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/中村真弓 デ取材/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

「マスクメーク」関連記事

マスク期間こそ「美白にお金をかけるべき」理由とは

マスク時代の「日焼け対策」【乾燥肌さんの場合】

マスク時代の「日焼け対策」【脂性肌さんの場合】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE