特集

ナチュコスマニアの2人が選ぶ!「コスキチで買える」名品コスメ【2021年3月編】

花粉症の人にはツラ~イ季節が到来。目も鼻も肌も調子悪くて、気持ちも下がり気味…。そんなお悩みにもコスキチがアンサー!この時季を乗り切る助っ人コスメを紹介します。

先月のおすすめ

ナチュコスマニアの2人が選ぶ!「コスキチで買える」名品コスメ【2021年2月編】

#3 春コスメのパワーで今こそ前向きな気持ちに!

[左]「ミルクを肌になじませる

[左]「ミルクを肌になじませると次第にオイルに変わって、油性・水性汚れをOFF。洗い流すときに水分に触れるとまたミルクに戻って、しっとりした洗い上がりに」(広田)チャントアチャーム クレンジングミルク バリア130㎖ ¥2,750〈税込〉※限定品、Cosme Kitchen、Biople by Cosme Kitchenで先行発売中、3月1日全国発売(コスメキッチン)
[右]「クレイと竹炭のペーストで洗った後はスッキリ! 凝り固まった頭皮も柔らかく、軽くなった感じが」(夏目さん)ヴェレダ ローズマリー スカルプクレンジング 200g ¥3,300〈税込〉※Cosme Kitchen、Biople byCosme Kitchenで先行発売中、3月15日全国発売(コスメキッチン)

広田(以下、広):ついに花粉シーズン…。肌は乾燥するわ、目から涙は止まらないわで私は毎年大惨事!
夏目さん(以下、夏):私も鼻が皮剥けしたりして、トラブルが増えるなぁ。
広:一般的にはうるおいが〝バリア〟になって肌を守ってくれるけど、花粉などの外部刺激や乾燥のせいでその機能が低下するのが原因だよね。ということで今月私は、肌のバリア機能を守ることに着目したクレンジングミルクを相棒にしたい!
夏:W洗顔不要で摩擦レスだから、肌がヒリヒリしてるときも安心。なじませるとミルクからオイルに変わって、汚れもOFFできてた! 私は朝洗顔にも使ったよ。
広:洗い上がりのしっとり感が心地いいよね。そしてうるおいのベールを作ることで、ゆらいだ肌を守ってくれる仕組み。
夏:私の推しは、季節的には意外かもしれないけれどスカルプクレンジング! 先に言わせてください、本当にすごいの(笑)。
広:これ、私も感動した~! 花粉でとにかく鼻がグズついて何となくもやもやするから、スースー系のアイテムでスッキリしたい気持ち、すごくわかる。
夏:1本でシャンプー・頭皮クレンジング・トリートメントが完了してスッキリ爽快なのに、乾かした髪の毛はパサパサしないでちゃんとまとまるという…驚き。
広:アラサーは頭皮ケアも意識したい年齢だし、簡単でしかもリフレッシュできるなんて最高のアイテムだね!

コレも気になった!

右「〝眠くならない花粉症対策〟

右「〝眠くならない花粉症対策〟サプリとして話題! 抗アレルギー作用だけでなく、なんとアンチエイジングや抗肥満作用もあるそう」(広田)だいじょうぶなもの 海藻サプリメント ツルアラメ 60カプセル¥3,240〈税込〉
左「美容液成分のうるおいと光拡散効果で、乾燥&くすみやすい目元が明るく!」(夏目さん)ナチュラグラッセ ブライトタッチ リキッド ピンクベージュ〈SPF23/PA++〉¥2,640〈税込〉※Make↗︎Kitchenで先行発売中、CosmeKitchen、Biople by Cosme Kitchenで3月1日先行発売、3月15日全国発売(ともにコスメキッチン)

\コスキチマニアの2人がナビ!/

デザイナー/CLASSY.リー

デザイナー/CLASSY.リーダーズ・夏目頌子(29)
コスメも食事もリーダーズきってのナチュラル派で、ヘルシーなライフスタイルに注目が集まる。最近はバスソルトを入れたお風呂でしっかり汗をかくのが習慣で、デトックス&ポカポカ♡

ライター・広田香奈(31) 忙

ライター・広田香奈(31)
忙しない日々の中の〝癒し〟の存在として、オーガニックコスメの世界にハマって早数年。自分の人生で初めて(!?)ピンクブーム!甘く見えない洒落顔アイメークを日々研究中。

撮影/五十嵐 洋 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

「コスメキッチン」の関連記事

オンライン会議にもおすすめ!カジュアルコーデに似合う「ナチュラルメイク」

「ゆうこす」プロデューススキンケアブランド「YOAN」のコスメを一挙公開!

コスキチで買える「敏感肌向けアイテム」32選|スキンケアからコスメまで

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE