特集

【加治ひとみ】腸活初心者のための「はじめの5ステップ」|写真集『かぢボディ。」から大公開

CLASSY.をはじめ、多くの女性誌で活躍するモデルの加治ひとみさん(通称かぢちゃん)。「腸活おばけ」というあだ名がつくほど腸活マニアとして知られ、メディアにも引っ張りだこです。今回は、12月10日に発売される加治ひとみさんのビューティフォトブック「かぢボディ。」の中から、腸活初心者のための「最初の5STEP」を特別にご紹介!かぢちゃんの美容テクがたっぷり詰まった「ビューティーフォトブック」の内容を、ちょっとだけお見せします。

【加治ひとみ】腸活初心者のための「はじめの5ステップ」|写真集『かぢボディ。」から大公開

『かぢボディ。』ネット書店限定特典「ポストカード」を一挙公開【加治ひとみビューティフォトBOOK】

【まずはじめに】腸活を始めるための「5STEP」

かぢちゃんの腸活の師匠・小林暁子先生直伝!

  • STEP①
    まず常温の水を飲む
    細胞が生きるうえで一番大切な成分。人の体は50~75%が水分でできています。起きてすぐと毎食前、入浴後は必ずお水を飲むこと。目覚めの一杯は勢いよく飲み、胃腸を目覚めさせましょう。

  • STEP②
    空腹になったら食事をする
    一日の中で消化管を休ませる時間を作りましょう。空腹時間に腸は収縮運動を繰り返し、それが翌日のお通じに繋がります。口寂しくてつい何かを食べてしまう時は温かいお茶などで胃を落ち着かせて。

  • STEP③
    食事に取り入れるのは「食物繊維」
    腸へダイレクトに影響を及ぼすのは直接口にする食べ物です。100兆個もある腸内の菌によいエサをあげるために食物繊維は不可欠。男性に多く見られる過敏性腸症候群の改善にも効果的。

  • STEP④
    下剤に頼らない
    若い女性に多く見られる下剤依存。腸の粘膜に炎症細胞が現れ、腸の炎症が慢性化し、腸が自力で動くことができなくなります。乳酸菌や食物繊維が配合されたサプリメントやドリンクで徐々に馴らしましょう。

  • STEP⑤
    具沢山の味噌汁に甘える
    忙しい毎日におかずを何品も作るのが難しければたっぷり具を入れたお味噌汁をつくりましょう。味噌は腸内の善玉菌を増やす腸活食材。野菜を沢山入れれば即健康食に。時短でつくれてお腹も心も満たされます。

教えてくれたのは...腸活のプロ・小林暁子先生

小林メディカルクリニック東京院長・医学博士。20年以上で計25,000人以上の腸を改善してきた腸活のプロフェッショナル。内科、皮膚科、アレルギー科のほか、健美腸外来、女性外来、漢方外来など全身の不調に対応する。CLASSY.を始め雑誌やメディアで活躍するモデルの加治ひとみさんが信頼をおく腸活のパートナーでもあり、テレビ出演や講演でも活躍。「女性の自律神経の乱れは腸で整える」(PHP研究所)、「医者が教える最高の美肌術」(アスコム)など腸活や美肌に関する書籍も多数出版。

◆あわせて読みたい

【ゼロから分かる腸活】加治ひとみさんも実践!すぐできる「美腸」を作る10の習慣

【ゼロから分かる腸活】免疫力を上げる!今すぐマネできる「美腸」習慣

美容テクがたっぷり詰まった『かぢボディ。』は12月10日発売!

「腸活ごはん」から「スキンケアコスメ」まで、美容だけでたっぷり63P♡

ビューティフォトブック『かぢボ

ビューティフォトブック『かぢボディ。』は、素敵な写真はもちろんのこと、美容ページにも注目です。

パート1では、かぢちゃん考案の腸活レシピから、愛用の食材、腸もみマニュアルまで、「腸活のすべて」をたっぷりお届け!パート2では、愛用のスキンケアアイテムからボディケア、ピラティスまで「“かぢ美容”のこだわり」に迫りました。最後は「“腸活おばけ”加治ひとみができるまで」をテーマに、1万字インタビューを実施!みなさんから募集した「美容のギモン」にも答えてもらっています。

読み応え抜群の1冊になっているので、お楽しみに!

2020年12月10日発売
『かぢボディ。』(光文社刊)¥1,700(税抜)

【初回限定特典】スペシャル映像付き

【ネット書店先行予約特典】
サイン入りポストカード2枚 ※サインは印刷です
(楽天ブックス、タワーレコードオンライン、セブンネットショッピング、HMV&BOOKS online)

【『かぢボディ。』Instagram】
@kajibody_book
『かぢボディ。』にまつわる商品情報や撮影オフショットは、公式Instagramにて随時更新中!ぜひフォローしてチェックしてくださいね♡

撮影/中村和孝(まきうらオフィス) ヘアメーク/川村友子 スタイリスト/鳥山悦代(One 8 Tokyo)取材/角田枝里香 編集/川端宏美 構成/CLASSY.ONLINE編集室

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE