CLASSY.

恋愛

「そんなの浮気じゃないって!」浮気目的の男性が言いがちな発言4つ

浮気目的で近付いてくる男性とは、できれば深い関係にならないよう気を付けたいもの。

しかし、浮気目的の男性は女性に対する立ち居振る舞いに慣れていて、かつ口が達者な人が多く、つい相手のペースに巻き込まれてしまう女性も……。

そこで今回は“浮気目的の男性が言いがちなこと”をご紹介。

こんな発言をしてくる男性には注意が必要です。

1.「こんなの浮気に入らないって!」

「浮気目的の男性って、女性を説得するために『大丈夫だよ! こんなの浮気に入らないって』とかいい加減なこと言いますけど、そう言ってやっていることは立派な浮気だと思うんですよ」(28歳女性・クリエイティブ)

「それって浮気じゃないの?」と女性に指摘されようものなら「そんなの浮気に入らない」などと自論を展開する男性。浮気の価値観は人によって違うでしょうが、浮気する側は何とでも都合のいいことを言えるでしょう。

このように浮気目的の男性は、浮気された側の気持ちを考えない軽はずみな発言をする傾向があります。

2.「最近、彼女と微妙でさ……」

「浮気したいがために『彼女とうまくいっていなくて』とか『ケンカばかりで疲れちゃったよ』って言う男性、結構いると思います。最初は心配して詳しい話を聞いてみるんですけど、つじつまが合わなかったり、適当にごまかそうとしたりしていると『これは嘘だな』って気付きます」(26歳女性・ソフトウェア関連)

“彼女と関係が微妙”であることを理由に、浮気を正当化する男性には注意が必要です。

女性によっては、そうした男性の言葉を信じきってしまい「もう今の彼女に気持ちがないのかな」と思って誘いに乗ってしまったり、「何か力になれることはないかな」と助けてあげたりしようとする人もいるでしょう。

しかし、どんな理由があっても浮気は浮気です。男性の言葉を鵜呑みにせず、彼女との現状などを細かく聞くなどして怪しい点がないかよく確かめるようにしましょう。

3.「浮気ってどこからが浮気なんだろうね?」

「お酒が入ってキスを迫ってきた同僚に『本当にありえない! それって浮気だよ』って言ったら『ちょっとノリでするだけじゃん』って急に不機嫌になったと思ったら『浮気ってどこからが浮気なんだろうね? 俺的には……』って、浮気に対する自論を語りだしました」(28歳女性・サービス)

果たしてどこからが浮気なのか、それは人によって異なるでしょう。しかし少なくとも、浮気をしている側が堂々と語れることではないと思いますが……。

浮気目的の男性は「浮気は悪いことではない」「そもそも浮気ではない」など、自分にはまるで非がないことを主張する発言をする傾向があります。

女性としても、心の中で「そんなの違う」と思いつつも、無茶苦茶な持論でうまく丸め込まれてしまう場合も……。相手のペースに乗せられないよう、注意が必要です。

4.「好きになっちゃったら仕方ないよね」

「『浮気はいけないってわかっている』って前置きしておいて『でも、好きになっちゃったから』みたいに言い訳する男性いません? 浮気がダメだと思うなら、最初からしなければいいのに。彼女がいるなら、そこはちゃんとブレーキかけないとダメですよね」(29歳女性・公務員)

“浮気はいけないこと”と認めつつも「好きなんだから、仕方ない」と開き直る男性。浮気の自覚があるだけましなのかもしれませんが、自覚があれば浮気が許されるということはありませんよね。

もし本気で好きになったのであれば、彼女との関係に蹴りをつけて一途になるか、あるいはそもそも彼女以外の女性と関係をもたないようにするか、はっきりと決断してほしいものです。

 

いかがでしたか? 浮気目的で近づいてくる男性は、上記のような発言を平気でする傾向があります。

また、浮気をしたいがために悪びれもなく嘘をついたり、持論を展開して説得を試みたりする男性も。

言葉巧みに誘ってくる男性には、同じく言葉で対応するよりも、態度や仕草など目に見えてわかる部分でその気がないことを伝えるのが効果的でしょう。

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(Antonio Guillem、lithian、DavideAngelini、Mladen Mitrinovic)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE