CLASSY.

恋愛

「あんた、病気だよね?」浮気を繰り返す激ヤバ男性の言い訳LINE4つ

“これでもか”ってほど病的なまでに浮気を繰り返す男性っていますよね? そんな彼らから毎度毎度発せられる苦しい言い訳LINEには驚かされます。

そんな男性たちの言い訳を「くじらの恋愛相談LINE @」で募集してみたところ、今回もたくさんの回答が集まりました。回答のなかには罪悪感を抱くようなものもあれば、完全に開き直っているような発言も。

浮気男性から、こんなことを言われた女性はいませんか?

1.「ラブホ行ったけどヤってない!」

「ホテルまでは行ったけど、ただお話していただけだよ」という苦しい言い訳。大の大人がラブホテルという密室状態を利用してまで話さないといけないことなんてあるのでしょうか。「君たちは国家機密を持つスパイなのか!」とツッコミでも入れたくなるような言い訳ですよね。

この彼は後日さらに浮気を繰り返し、

「ヤろうかと思ったけど挿れてない! 挿入は思い留まったからセーフでしょ?」と言い放ったよう。しかし、それは完全にアウトですよね(笑)。

これでもまだやめないのが浮気男性のすごいところ。

次の浮気で彼が言ってきたのが「エッチはしたけど、達していない」という言い訳。体の関係を持ったことはもやは認めてしまった彼。どこの世界にこれを聞いて「そっか。それなら許すよ」という女性がいるのだろうか(苦笑)。

2.「先輩に誘われたら断れないじゃん! 俺は行きたくなかったけど……」

出ました、人のせいにするパターン。先輩に無理やり風俗などに連れて行かれたという設定。

ひと昔前なら通用したのかもしれないですが、今時こんなことしたらすぐパワハラ扱いになるでしょう。そして、本当に行きたくなかったかどうかは普段の振る舞いできっとバレるはずで、そういうことを言う男性こそ、恐らくそういう場所に行きたい人でしょと。

かなり苦しい言い訳ですね。

これに似たパターンで「向こうの女性から誘ってきたんだよ!」という声もありました。なぜか浮気男性達は、自分には選択権がないことを強調してくるようです。

しかし、そんなわけはない。もし、そんな状況でも、しっかりとお断りして欲しいところですよね。

3.「男ってそういうもん! 浮気してもしょうがないって笑ってよ」

完全な開き直りパターン。男がそういうものではなく、その彼がそういう人ってだけのことです。自分が浮気した事実を、全男性に転嫁するのはやめてほしいところ。

また、こんな言い訳は、とにかくオレはこれからも浮気を続けるからという決意表明にも聞こえます。こういう男性は、なかなかのツワモノですね。

もう一つ開き直りのパターンでこんな回答もありました。

「浮気相手とは合意だったのに、何が悪いの?」

法律の観点からの言い訳。言われた側の彼女の気持ちや、倫理観などは度外視して、法律の一点突破。たしかに法的には何の問題もなく正論かもしれないですが、彼女からすると“私たちの関係って一体……?”と思わされる一言。

疑いのない目でこれを言ってきたとしたら、彼のことはもう諦めるしかないですね。

4.「精神的に参ってて連絡取れなかった、ごめん」

突然、彼女とは音信不通になり、その間に浮気を繰り返す。そして言い訳はいつも体調不良。先に弱さを見せてツッコまれないようにするというなかなか悪質な手口です。浮気の間隔が短く、体調不良という言い訳だと疑われそうな時は、家族を病気にして看病を言い訳にすることも。

本当に家族が病気になった時は、連絡が遅くなるということはあるかもしれませんが、今の時代、突然音信不通になるという理由は何であっても厳しい気はしますね。

 

いかがでしたか? 浮気男の言い訳に共通するものはどれも“言い訳が雑”だということ。言い訳の理由に時間をかけるほど、絶対にバレたくないという気持ちは恐らくないのでしょう。心のどこかでバレてもしょうがないと思っている。つまり、どの関係性もそこまでは大事に思っていないのかもしれません。

恋愛のスタイルは人それぞれで、どれが良いも悪いもありません。一途な恋愛をしたい人は近づかないほうが身のため。相手をコントロールしようとした時点で恋愛は苦しくなると、筆者はそう思ってしまいます。

 

文/恋愛マスターくじら 画像/Shutterstock(Ivanko80、tommaso79、Dean Drobot、Ebtikar)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE