CLASSY.

特集

これで解決♡冬の「外は寒いけど中は暑い問題」

外に出ると冷えるのに、電車や室内に入るとのぼせるほど暑い…寒暖差が激しいこの季節ならではの悩みです。そんな過酷な毎日を少しでも快適に、そしてオシャレに乗り切るマフラーの巻き方や優秀インナーをご紹介します!

【暑いほどの電車やバスを出ると…さ、寒い!】

⇒一番暖かい「マフラーワンループ巻き」でクリア!

マフラーは、その巻き方次第で体の暖かさに思った以上の差が出るんです。中でもワンループ巻きは、他の巻き方に比べて首周りに生地が多く重なるので、首の熱や洋服の中の暖まった空気を逃がさず、体の温度を上げてくれる効果があります(スタイリスト 平沼洋美さん)。

ストール¥52,000(ジョシュア・エリス/グリニッジ ショールーム)コート¥38,000(バビロン/エレメントルール カスタマーサービス)ニット¥8,900(バナナ・リパブリック)スカート¥15,000(バンヤードストーム/エレメントルール カスタマーサービス)バッグ¥41,000(トフ アンド ロードストーン/T&L)ピアス¥2,040(JUICY ROCK)ネックレス¥125,000(サンメイア/ロンハーマン)

シンプルでも保温力一番!ワンループの巻き方解説

  • 1.マフラーが大判の場合は、横幅を2〜3回折って細くしておくと、巻いたあとバランスよくこなれて見えます。

  • 2.マフラーの両端を重ねて長さを半分に折ります。半分に折れた輪っかの部分に手を差し込みます。

  • 3.マフラーのフチが下になるように首に当てます。フリンジがある方を長めにとっておくとバランスよく巻けます。

  • 4.輪っかの間にマフラーを通して完成。マフラーの向きを斜めにしたり真下にすることで、表情を変えることもできます。

【けっこう歩く日、気温に合わせて厚着を…でも建物に入ったら暑くなる~!】

⇒ポケッタブルのインナーダウンベストなら調節が簡単です!

着ていることを忘れるほど軽い着心地で、優しいぬくもりと保湿性抜群のダウンベスト。内側のボタンでVネックにできる2WAY仕様なので様々な着こなしに大活躍してくれます。コンパクトなポケッタブルは、オフィスの〝置きダウン〟としてもおすすめです(ユニクロPR 芦沢 香さん)。

ダウンベスト¥3,990(UNIQLO)コート¥59,000(ルーニィ)ニット¥2,769(無印良品/無印良品 池袋西武)パンツ¥15,000(ミューニック/ピーチ)バッグ¥43,000(アタオ/スタジオアタオ)スカーフ¥11,000(マニプリ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)ピアス¥3,000(アビステ)ネックレス¥4,440(JUICY ROCK)

他にもある!ポケッタブルダウンベストの名品たち

  • アウターの衿元と干渉しにくい丸首タイプ。ダウンベスト¥8、600(モンベル/モンベル・カスタマー・サービス)

  • 幅広く活躍するブラック。ダウンベスト¥19、000(ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス3(マーチ)

  • 軽くて柔らかな着心地が最高。ハンサム度が高まる知的なグレー。ダウンベスト¥3、990(UNIQLO)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE