CLASSY.

特集

新鮮!“カラーボーダー”でデニムを気分転換してみない?

「ボーダー×デニム」なんて、ありがちすぎてもう無理…と思っている人におすすめしたいのが、ボーダーの配色の見直しです。ベーシックカラーをお休みして、鮮やかカラーや色×色を選んでみて。当たり前だと思っていた着こなしに、またワクワクが戻ってきます!

1.初級編として“白ベース×カラーライン”をまず一枚!

  • 衿元のスカーフ使いでお出かけ対応の大人めマリンに

    ハイウエストのバギーデニムが’70年代風のオシャレっぽさ。カットソーはソフトな裏起毛タイプで柔らかな着心地も◎。カットソー¥7,000(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)パンツ¥15,000(バナナ・リパブリック)スカーフ¥11,000(マニプリ/スピック&スパン ルミネ有楽町店)バッグ¥11,000(LAGUNAMOON)パンプス¥29,000(チェンバー/FUN Inc.)

  • 定番配色のボーダーなら盛りめの小物使いが効果的

    ドロップショルダーのルーズ感が可愛い褪せたブルーのボーダー。カットソー¥11,000(ルミノア/ゲストリスト)パンツ¥24,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥37,000(ツル バイ マリコ オイカワ)サンダル¥15,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)サングラス¥30,000(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥18,500(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山)

  • 【右】フロントからのぞくボーダーのこっくりバーガンディが秋を表現

    カラーボーダーにワイルドなダメージデニムを合わせたら、ジャケットONでクリーンさを補うのがコツ。Tシャツ¥9,500(サンスペル/サンスペル表参道)ジャケット¥38,000(ルーニィ)パンツ¥32,000(エージー/エージー ジャパン)バッグ¥15,000(マニプリ/フラッパーズ)パンプス¥30,000(PIPPICHIC/ベイジュ)時計¥22,000(ダニエル・ウェリントン/ダニエル・ウェリントン 原宿)

    【左】ありそうでないオレンジは着るだけで気分が上がる元気色

    肌なじみのいいオレンジ。マキシ丈のデニムタイトが好相性。カットソー¥10,000(セントジェームス/セントジェームス代官山店)スカート¥15,000(MACPHEE/TOMORROWLAND)バッグ¥43,000(FURLA/FURLA JAPAN)パンプス¥13,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ハット¥36,000(ロック&コー/プラージュ 代官山店)
    ピアス¥2,800(アネモネ/サンポークリエイト)

     

  • 胸ポケットが新鮮なボーダーTはデニムでワントーンっぽく

    ポケットと衿のバインダーの白が決め手のTシャツを、色落ちデニムでラフなムードに。黒小物で引き締めて大人っぽさも。Tシャツ¥9,000(BYMITY)パンツ¥23,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥63,000(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)シューズ¥32,000(レペット/ルックブティック事業部)時計¥25,000(ウィリアムエル 1985/エイチエムエスウォッチストア 表参道)

  • 黒コーデに差すグリーンボーダーがカッコいいモード感を後押し

    フロントファスナーがポイントの黒スキニーで、カジュアルなだけに終わらない、ヒネリの利いたセクシーさに。Tシャツ¥2,500(COS/COS 銀座店)パンツ¥7,800(Mila Owen)バッグ¥22,800(YAHKI/ショールーム セッション)サンダル¥29,000(PIPPICHIC/ベイジュ)キャップ¥8,300(CA4LA/CA4LA ショールーム)ネックレス¥2,900(アネモネ/サンポークリエイト)

2.中級編は“ベーシックカラーベース×カラーライン”

  • ロールアップのリジットデニムでこっくりボーダーを秋らしく

    ネイビー×テラコッタの秋色配色で、ありがちなマリン感を上手に回避。カットソーは、実は背中が広く開いているバックシャンデザインです。カットソー¥13,000(カリテ/カリテ スケープ コレド日本橋店)パンツ¥11,000(LAGUNAMOON)バッグ¥38,000(フリン/CPR TOKYO)パンプス¥48,000(ペリーコ/アマン)ピアス¥2,600(アネモネ/サンポークリエイト)

  • 【右】カシミアの質感を堪能するなら柔らかトーンのボーダーが最適

    デニムフレアで女っぽカジュアルに。ニット¥91,000(ユリ・パーク アルティジャーノ/edit& co.)スカート¥32,000(ユニオンランチ/サザビーリーグ)バッグ¥50,000(FURLA/FURLAJAPAN)スカーフ¥16,000(マニプリ/フラッパーズ)サンダル¥16,000(バナナ・リパブリック)ピアス¥16,100(ガス ビジュー/ガス ビジュー青山)バングル¥31,000(セシル・エ・ジャンヌ)

    【左】優しいベージュのボーダーは差し色ブルーがクリーンさをUP

    PVCバッグで旬の味付け。カットソー¥10,000(セントジェームス/セントジェームス代官山店)パンツ¥21,000(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)バッグ¥9,000(STUDIOUS×beautiful people/ステュディオス ウィメンズ 新宿店)パンプス¥32,000(ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン/銀座ワシントン銀座本店)時計¥18,000(ダニエル・ウェリントン/ダニエル・ウェリントン 原宿)

     

  • 意外性のある背中開きタイプならヘルシーなセクシーさが際立つ

    オシャレを感じるパープル。簡単にサマになる肌見せデザインです。カットソー¥11,000(ルミノア/ガリャルダガランテ表参道店)パンツ¥37,000(リダン/ロンハーマン)バッグ¥26,000(COMPILATION/ティースクエア プレスルーム)シューズ¥26,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ピアス¥2,400(アネモネ/サンポークリエイト)バングル¥1,300(スリーフォータイム/ジオン商事)

  • 淡トーン同士の色合わせならカジュアル度抑えめで可愛さUP

    サスペンダー越しのボーダーが、「なんとなく」に見せないポイント。ボーダーのイエローをバッグにリフレインして、コーディネート感を高めるのもこだわり。カットソー¥9,500(オーシバル/ビショップ)スカート¥33,000(アクアスキュータム/レナウン プレスポート)バッグ¥42,000(ペリーコ/アマン)パンプス¥16,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

  • オシャレ男子みたいな配色はヒールの足元に女子度を託して

    辛口コーデにガールな小物が効果的。カットソー¥990(アメリカンホリック/アメリカンホリックプレスルーム)パンツ¥8,900(ドクターデニム/ザセンス)バッグ¥22,000(クリスチャン ヴィラ/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)サンダル¥43,000(ネブローニ/フラッパーズ)ピアス¥2,100(アネモネ/サンポークリエイト)ブレスレット¥8,640(メゾン ボワネ/ZUTTOHOLIC)

3.上級編は“カラーベース×カラーライン”の派手ボーダー

  • 女子度高めのピンク系ボーダーはワイドデニムで辛さを添えて

    ハイウエスト&フレアボトムスでこなれ感も上々。カットソー¥9,000(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)パンツ¥28,000(ランバン オン ブルー/レリアン)バッグ¥40,000(ステートオブ エスケープ/サザビーリーグ)サンダル¥3,900(Gap/Gapフラッグシップ原宿)サングラス¥35,000(オリバーピープルズ/オリバーピープルズ 東京ギャラリー)ピアス¥3,000(アビステ)

  • ゼブラ調の斬新配色でひとクセ利いたボーダーコーデに

    身ごろはボーダー、袖はストライプ、というシマシマ使いのアレンジが光る一枚。カットソー¥13,000(ナゴンスタンス)パンツ¥16,000(アバハウス・ドゥヴィネット/アバハウス・ドゥヴィネット マロニエゲート 銀座1店)バッグ¥23,000(SERPUI/ティースクエア プレスルーム)サンダル¥8,900(コントロールフリーク/キャセリーニ)ピアス¥12,400(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山)

  • 着慣れたグレーの鮮度を高めるネオン系のピンクがアクセント

    グレージュ×ピンクがフェミニンなカットソー。ヒールパンプスと小ぶりのチェーンバッグでツヤっぽさを補えばお出かけ対応に。カットソー¥9,500(オーシバル/ビショップ)パンツ¥22,000(ウエストオーバーオールズ/エストネーション)バッグ¥37,000(ADINA MUSE/ADINAMUSE SHIBUYA)パンプス¥21,000(ツル バイ マリコ オイカワ)ブレスレット¥13,000(Jouete)

  • ベルスリーブの袖口にほんのりトレンド感が宿る一枚

    鮮やかなブルーとオレンジの掛け合わせが、ハッと目を引く存在感。袖口にはスリットが入っているので、よりモード感がUP。パテントのパンプスでオレンジ感を盛り上げて。カットソー¥4,800(Mil a Owen)パンツ¥24,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥35,000(SERPUI/ティースクエア プレスルーム)パンプス¥9,250(キビス/マミアン本店 カスタマーサポート)

撮影/三瓶康友 モデル/菅原沙樹、伊藤ニーナ ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリング/児嶋里美 取材/西道倫子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE