CLASSY.

特集

メーク上手アラサー女子の「私のデートリップ」の勝負色はコレ!【名古屋女子のリアルSNAP】

インスタでも顔のアップをたくさん載せている名古屋読者。とにかくメーク研究に余念がなく、中でも特に印象の大きく変わるリップは、着ている服よりも会う人によって必ずチェンジします、というこだわりよう。では、気になる彼とのデートなら、どんな色を付けていくのが正解?メンズに好印象な「My勝負リップ」を、名古屋のメーク大好き・アラサー読者6人に教えてもらいました。

発色のよい鮮やかピンクなら、夜デートでも華やか

私の勝負リップは「YVES SAINT LAURENTルージュ ヴォリュプテ シャイン 12」
昼間はもう少し控えめな色を使いますが、夜のデートや暗めな室内でも食事デートの時は、華やかな色味で顔周りを明るくします。ベージュ系よりも自分の顔には自然に映るので、あえての赤系リップですが、真っ赤でなくすこしオレンジがかった色を選んでいるのでキツい印象にはなりません。このシリーズはどの色も素敵なので、婚活リップの名は伊達じゃないな!と実感しました。(大山幸希さん メーカー勤務・29歳)

「塗ってます」感はNG!ナチュラルに色づくくらいがベストです

私の勝負リップは「GUERLAIN キスキス ローズリップ R329」
名古屋のメンズはどちらかというと保守的なタイプ。赤リップのような派手なリップは好みでない人が多いので、一度塗りで発色する色よりも、重ね付けして色の濃さを調整できる薄づきのものがデートには最適。ゲランのキスキスは見た目ほど濃い色がつかない重ね塗り仕様のもの。ティントバームなので色落ちしにくく、何度も塗り直さなくていいから薄づきのリップが長続きするんです。(永井美成さん メーカー勤務・28歳)

カジュアルコーデも女っぽく仕上げてくれるツヤ系リップ

私の勝負リップは「GUERLAIN ルージュ ジェ 03」
彼が年上なので、出来るだけ大人っぽくみられるようにと思って色っぽさ重視で選んだらこのゲランのピンクベージュに辿りつきました。ヌードなカラーでありながら、血色のよい唇に仕上がるリップだから服のテイストを選ばないので、仕事のときにも使っています。これ1本をバッグに入れておけば困らない、っていうくらい万能カラーです。(木村永実さん 広告代理店勤務・26歳)

「うるっと感」を大事にしたいからグロス1本使いが基本

私の勝負リップは「THREE シマリング リップジャム 05」
普段はリップの上に重ねてグロスとして使っていますが、デートの時は色を控えめにしたいのでこれ1本で完成させます。見た目ほどピンクにならずほんのりとした色づきで、自分の唇の色が濃くなったかな、ってくらいの感覚なのに、フェミニンな雰囲気に仕上がります。リップが溶けてしまいそうな暑い夏でもベタつかないし、食事の時でもとれにくいから安心です。(長江里穂子さん マスコミ関係勤務・27歳)

「マキシマイザー」を下地にして、立体感のある口元に

私の勝負リップは「bareMinerals ベアプロ ロングウェア リップスティック ペタル」
リップを塗る前のDIORの「ディオール アディクト リップ マキシマイザー 001」は何本リピ買いしたかわからないくらい長年愛用しています。これを塗るのと塗らないのでは、唇のふっくら具合がまるで違う!デート中はあまり塗り直しをしたくないから、色落ちしにくく、持ちがいいベアミネラルをよく使います。ローズピンクのマット系ですが、柔らかいテクスチャーで塗りやすいし、ティントタイプなのでカップにも色移りしません。(福田真弓さん 歯科衛生士・26歳)

肌馴染みのいいピンクベージュでヘルシーな色気を

私の勝負リップは「LANCOME ラプソリュ ルージュ237」
透明感のある発色が自然なリップにしてくれるランコムのリップは、トリートメント成分が入っているので唇の荒れを気にせず使えます。シアーな質感のベージュは、ギラつく感じがなく、上品な口元に。付け心地が軽くてノンストレスなのも魅力です。50色以上のカラーがあるシリーズなので、一口にベージュと言っても少しの色味違いで何本もあるから、自分に合ったリップが必ず見つかります。(寺本 茜さん メーカー勤務・32歳)

撮影/安井利恵(スタジオシン) 取材/佐野祐子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE