結婚式での「美しい所作」6選【挙式編】|意外と花嫁は見られてる!?

人生の晴れ舞台である結婚式。せっかくの花嫁衣裳で美しく着飾っても、所作が汚ければすべて台無しです。緊張感のあるシーンが多い挙式では、基本動作の大前提は美しい姿勢。「立つ」「座る」「歩く」という普段している動作を、より正しい姿勢で行うように心がけて。

1. 入場時の美しい歩き方【ドレスタイプ別】

どのドレスでも背筋を伸ばし、後ろ足に重心を置いて歩くことが基本です

2. ヴェールダウンの正しいかがみ姿勢

背中を丸めずに腰から折ると、きれいな姿勢をキープできます

片方の足を半歩下げて、膝を折っ

片方の足を半歩下げて、膝を折ってその瞬間を待ちます。背筋から頭までが一直線になるように、腰から上体を折るときれいに見えます。お母様と向き合うので、ヴェールアップよりも低い姿勢でかがむのがよいでしょう。手は前で軽く組みます。

3. ツーショットで絵になる立ち姿

声を掛け合って2人の目線を合わせられると素敵!

2人で並んで立つときは、新郎に

2人で並んで立つときは、新郎にもたれかかったり密着しすぎず、1人できちんと立つと大人の女性らしい知的でエレガントな雰囲気に。新婦は足を時計の2時の角度に開いて、少し体をひねり、新郎より肩1つ後ろに下がるイメージです。そして2人でハの字になるよう、肩がわずかに重なるように意識しながら立ちます。並んで立つ際は2人の目線を合わせることが重要なので「右、前、左」などと声を掛け合いながら合わせていくのがおすすめです。もしくは新郎が新婦を優しく見つめる仕草も絵になります。

4. 誓いのキスでのフォトジェニックな仕草

短くても3秒は止まって、美しいシーンを残すように

顎を指1本分ほど上にあげるとほ

顎を指1本分ほど上にあげるとほうれい線が目立たず口角がきれいに見えます。ゲスト側に新婦の頭を傾け、左側から新郎にキスをしてもらうとドラマティックで美しいポーズに。恥ずかしいからとつい照れて一瞬にしてしまいがちですが、中途半端な写真が残ってしまうので短くとも3秒は止まって美しいシーンを残して。

5. 指輪交換での正しい手袋の外し方

ゆっくりと丁寧に外す仕草が優雅に見えます

6. 階段や段差があるところで気を付けること

前かがみや猫背にならないように注意して

視線を落とさずに、見られている

視線を落とさずに、見られている意識を持つことが大切です。介添人がドレスの裾を持ってくれると、それが気になってつい下を見がちですが、上半身をまっすぐに伸ばしましょう。階段から降りる際は手すりに軽く手を添えながら降りるとよいです。がっちり掴む姿は美しくないので、自分の体より少し先の手すりに手を伸ばすように。そうすると足元を見なくても自然と足を一歩前へ降ろせます。

教えてくれたのは...マナー講師 佐藤浩子さん

Hiroko’ E

Hiroko’ Elegant Manners Lesson
主宰講師 佐藤浩子
大手企業秘書などを経て独立。 グランドハイアット東京オフィシャルレッスンを2年間務めるほか、きもの・礼法講師としての日本伝統作法や、大手企業秘書経験によるビジネス実務を生かしたレッスンと、多方面で活躍。主宰するマナー教室には、年間のべ500名の受講者が国内外から訪れている。
https://www.elegant-manners.com/

せっかく素敵なドレスを身につけても、立ち居振舞いが美しくなければカメラに写る姿は台無しです。エレガントな所作を正しく身につけて、いつ撮られてもフォトジェニックな花嫁を目指しましょう!

再構成/CLASSY.ONLINE編集室
※この記事は「CLASSY.WEDDINGBOOK」2017春夏号を再編集したものです。

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup