特集

【動画】簡単!30秒!”疲れを溜めない”ストレッチ【①股関節編】│CLASSY.モデル石井美絵子

毎朝、「体がダルい…」「昨日の疲れが取れない…」と感じていませんか? そんな悩みを解決する、疲れた夜に取り入れたい超簡単ストレッチをCLASSY.モデル石井美絵子が3回に渡ってご紹介!疲れているから…とじっとしているのではなく、血液の循環を良くして回復を早める「積極的休息」を!第1回は股関節のストレッチ。股関節まわりや太ももの内転筋は日常生活で動きにくく血流が滞りがち。ここをほぐせば疲れを明日に残さないだけでなく、むくみ、冷え、生理痛、姿勢改善にもつながって、いいことばかりなんです。

【動画】簡単!30秒!”疲れを溜めない”ストレッチ【①股関節編】│CLASSY.モデル石井美絵子

わかりやすく解説します♡

①たった30秒でOK!股関節ストレッチを動画で解説

②ストレッチのやり方をおさらい

①背筋を伸ばした状態であぐらをかく
体幹と腰を立てて、姿勢良くすることを意識。猫背になったり腰がまるまったりしないよう、頭と天井をちゃんと並行に。良い姿勢を体に覚えさせて。呼吸をしっかりすることを忘れずに!
②両足の裏を合わせて、足の指先を両手で包み固定
①の良い姿勢のまま、両足裏を合わせて。膝を無理して床に近づけようとすると姿勢が崩れてしまうので、ここでは姿勢の良さを優先。
③膝を上下にパタパタさせる
これも①の良い姿勢をキープしたまま、しっかり呼吸をしながら可能な範囲で行います。膝だけを動かすというよりは、股関節から脚全体を動かすよう意識し、股関節の伸びを感じて。痛気持ちいい範囲で30秒〜1分が目安。パタパタ動かしているうちに可動域が広くなり、膝が床に近づいていきます。
④余裕のある人は体を前方に倒し、両膝を手でぐーっとプレス
股関節や腰に痛みがない人だけ!このストレッチに慣れてきた人や体がやわらかく膝を床面近くまで倒せる人は、良い姿勢をキープしたまま手で膝をプレス。股関節の伸びを感じて。

* * *

夜寝る前のリラックスタイムにはもちろん、体が重いと感じる朝や生理痛が辛い日に取り入れてもOK。即効性があるので、体が軽くなったと感じられるはず。テレビを見ながら、床に座ったついでに、メイクをしながらなど、生活の一コマに取り入れてみて。次回もお楽しみに!

石井美絵子PROFILE

いしい・みかこ 1990年4月17日生まれの30歳。モデル・舞台女優として活躍中。飾らないキャラクターでいつもムードメーカー☺6年前、舞台出演を機に疲労回復と体力づくりの一貫としてストレッチを開始。インスタグラム@mikakodayoもチェック!

動画撮影&編集/所 優里 取材/野田春香 構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE