特集

フォロワー16万人越え!arikoさんの「夏の麺レシピ」3選【見た目も味も抜群】

美味しそうすぎるインスタが大人気!我らがCLASSY.ライターのarikoさん。撮影にも素敵な差し入れを持って来てくれたり、モデルやスタッフもみんな彼女の味が大好き。そんなarikoさんに、簡単に作れて見た目も華やかな〝夏麺〟レシピを教えてもらいました。

①桃の冷製パスタ

フォロワー16万人越え!arikoさんの「夏の麺レシピ」3選【見た目も味も抜群】

【材料と作り方】※1人分
①ミニトマト
を半分に切ってボウルに入れ、にんにく、ホワイトバルサミコ、オリーブオイル、塩、胡椒でマリネする。
②桃は皮をむいて、ひと口大に切り、ホワイトバルサミコ、オリーブオイル、塩(すべて分量外)少々をからめておく。
たっぷり沸かした熱湯に塩(分量外)を加えてパスタを茹でる。袋に表示された茹で時間より30秒長く茹でて冷水に取り、ザルに上げてから水気をペーパータオルで拭って、ボウルに入れ、①を加えて混ぜる。味を見て足りなければ、ホワイトバルサミコと塩で調える。
器にを盛り、生ハム、チェリーモッツァレラ、バジルを飾る。

★生ハムやモッツァレラも一緒に盛り合わせ、ボリュームもアップ
パスタは冷水で締めた後ペーパータオルでしっかり水気を拭っておくと味が薄まりません。また、ミニトマト、ホワイトバルサミコ、オリーブオイルでソースを作り麺を和えておくことで、桃の淡い甘さが引き立ちます。

②ツナトマトそうめん

【材料と作り方】※1人分
①そうめんはたっぷりの熱湯にほぐし入れて好みの硬さに茹で、ザルに上げて流水でさっと洗ってから氷水でキュッと締めて水気をきる。
②トマトはヘタを取ってひと口大に切る。ツナは油をきる。みょうがは縦に切ってから薄切りにし、水にさらして水気をきる。万能ねぎは小口切りにする。
器にそうめんを盛り、そうめんつゆをかけ、ツナとトマトを盛り、みょうがと万能ねぎをかけ

★トマトでさっぱり、これぞ〝夏麺〟!ツナはぜひ美味しいものを使って
めんつゆとトマトの相性は抜群!ツナを加えてうまみと食べごたえをUP。そのままでもさっぱり美味しいですが、マヨネーズをちょろっとかけるとコクが増しま

③グリーンカレーつけ麺

【材料と作り方】※1人分
①稲庭うどんはたっぷりの熱湯にほぐし入れ、菜箸で混ぜながら好みの硬さに茹でてザルに上げ、流水でさっと洗って水気をきる。
小鍋にめんつゆと水100㎖を入れて火にかけ、沸騰したらそぎ切りにしたささみと輪切りにしたなすを入れてひと煮立ちする。レトルトのグリーンカレーを加えてさらに加熱し、ひと口大に切ったパプリカとピーマンを加える。
器に稲庭うどんを盛り、半切りにしたすだちをのせ、グリーンカレーつけ汁を添える。みょうが、万能ねぎ、パクチーはお好みで。

★喉ごしのいい稲庭うどんと辛いグリーンカレーのつけ汁が好相性
レトルトのグリーンカレーをめんつゆで割るだけでエスニック感満点のつけ汁が完成。パプリカやなす、ピーマンなどの夏野菜を加えて具だくさんに。

arikoさんPROFILE
『CLASSY.』『VERY』などで活躍中の編集ライター。味もセンスも抜群の料理にファン多数!美味しそうなインスタグラム(@ariko418)は要チェック。最新刊『ありこんだてarikoの、今晩なに作る?』(光文社)が好評発売中です。

撮影/吉澤健太 料理監修・文/志摩有子 スタイリング/YUKO(+y design)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE