恋愛

あざとい女子が人気!? アラサー男性が本当に好きになる女性の特徴4つ

自分磨きを頑張っているけれど、なかなか良い出会いに恵まれないと悩む方もいるのではないでしょうか。

頑張っても思うような成果が出ないのは、もしかすると“自分が思うモテる女性”を目指してしまっているからなのかも。男性に好かれるためには、男性目線でのモテを意識する必要があります。

そこで、この記事では“アラサー男性が好きになる女性の特徴”をご紹介。女性からすると、意外な特徴もあるかも?

1.褒め上手で男性を立ててくれる女性

「僕はワインが好きで、ついうんちくを語ってしまう時があるのですが、前に一緒に飲んだ女性から“すごい。そういうの知らなかった。もっと知りたくなっちゃう”って言われた時はグッときました。定番かもしれないですが、褒められると素直に嬉しいですし、もっと話していたいなと思いますね」(29歳/金融関係勤務)

「知らないから教えてほしい」「そんなに詳しいなんて、すごい!」など、男性を褒めて立てる女性はモテる傾向にあります。

ただし、いかにもなオーバーリアクションはNG。かえってあざとすぎる印象を与えてしまう可能性も。わざとらしすぎず、でも「もっと聞きたい」と、話の続きを促す褒め方が効果的なようです。

2.さりげない気遣いができる女性

「自然な気遣いができる女性は素敵ですね。たとえば飲み会で食べ物を取り分ける時とかも“私がやってあげる”って感じじゃなくて、周りの人と話しながらテキパキ取り分けているような様子だと、“自然に気遣いができる女性なんだな”って思います」(30歳/製薬会社勤務)

相手が求めていることを汲み取って、自然と行動に移せる女性。そんな気遣いのできる女性に、アラサー男性は好印象を抱くようです。

とはいえ、恩着せがましい態度の女性や「これをやったら好かれるだろうな」と計算して気遣いアピールしていることが分かる女性は、かえって苦手だと感じるそう。あくまでも自然と気遣いができている女性に魅力を感じるとのことです。

3.男ウケを熟知している女性

「不意に髪の毛を耳にかけるとか、さりげないボディタッチとか。わざとやっているんだろうなって思っても、やっぱりドキドキしますね。正直、あざとくても可愛ければそれで良いと思うところはあります」(29歳/インテリア関係会社勤務)

男性ウケを意識しすぎる女性は“あざとい”という理由から敬遠されてしまう傾向があります。しかし、実は「可愛ければ許せる!」「タイプの子なら何でもOK!」というアラサー男性も少なくないのです。

気になる男性が好むルックスを熟知して、“あざと可愛い女性”を目指すのも一つの手かもしれません。

4.ちょっと抜けているところがある女性

「美人で仕事もできて、家事も完璧にこなすのにお酒は弱いとか、普段はしっかりしている女性の意外な一面に弱いです。守ってあげたくなるというか。とにかくギャップは反則ですよ。正直、ギャップ好きな男は多いと思います」(31歳男性/証券会社勤務)

普段はちゃんとしているのに、ふとした瞬間に、弱さや女性らしさを見せる。そんな、ギャップのある女性に惹かれるアラサー男性は少なくないそう。

ただしギャップを見せたい場合、“普段はしっかりしている”というのが大前提。普段きちんとしていない場合、ギャップ以前に恋愛対象から外れてしまう可能性もあるので、ご注意を。

 

「やっぱりそうだよね」と感じるような特徴や、ちょっと意外な特徴もあったかもしれません。特に意外とアラサー男性に人気が高かったのは“あざとい女性”。「意識してやっていると分かっていても好きになっちゃう」と評判でした。

今は“あざと可愛い”が、モテる要素の一つに。あざとい、なのにとにかく可愛い! そんな女性を目指してみるのも良いかもしれませんね。

男性から見て魅力的女性の特徴はこちら!

「つい本音が…」男性がなんでも話したくなる女性の特徴4つ

男性が「絶対に手放したくない」と思う女性の特徴6つ

「なんか連絡したくなる!」恋愛で追われがちな女性の特徴4つ

あなたは当てはまる?男性が“サシ”でご飯に誘いたい女性の特徴3つ

愛され力高すぎ!社内の男性から大人気な女性の特徴6つ

文/大内千明 画像/Shutterstock(Khosro、Tatomirov、Syda Productions、YAKOBCHUK VIACHESLAV、Nestor Rizhniak)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE