旅作家が推薦!「国内唯一の壮大な流氷」【コタン村( 帯広)編】|アラサー女子旅

旅に出る一つのきっかけになるのが、「○○したい!」という想い。思い切りショッピングがしたい?大自然を満喫したい?CLASSY.世代の旅作家・小林 希さんが、希望を叶える旅先を紹介します。

自然が織りなす氷の造形! 美を堪能するひととき

 真冬、極寒の地だからこそ、この世ならざる体験ができるのは北海道の知床です。ロシアからオホーツク海を漂流してくる流氷が、毎年1月頃に知床のウトロ沿岸に流れ着き、3月頃に解けてなくなるまで留まります。そのわずかな時期だけ、分厚い氷の海原が広がって、その上を歩くことができるのです。もちろん、勝手に歩くのは危険ですが、きちんとツアーに参加して、専用の防水防寒スーツを着用すれば、安心して楽しむことが可能です。
 私が体験したのは、知床のシンラという会社のツアー。何度も改良を重ねて開発されたというドライスーツは、カラーバリエーションも豊富で、何人かで参加すれば白銀の世界に映えて華やか。 いざ、流氷の上に足を乗せると、ぐらりと氷盤が動きます。これが氷河とは違う流氷の魅力です。氷盤と氷盤のわずかな隙間に落ちないよう、ジャンプして飛び乗って、またジャンプして…。子供のようにはしゃぎながら奥へ奥へと歩いていきます。ガイドさんは、自然生態についての話もしてくれます。流氷には良質な栄養素がたくさん含まれていて、春になればそれが海へと流れ出していき、だから知床の海は豊富な魚が集まるのだ、と。そんな話を聞いていると、「あ!」とガイドさんが声をあげました。白鳥が群れをなし、空へ羽ばたいていくところでした。その後、「せっかくなので海に入ってみては」と勧められ、氷盤から恐る恐る海に入ってみました。スーツのおかげで寒くなく、ラッコのように体がぷかっと浮きます。目の前には分厚い氷の壁。…なんという新感覚。こうして、真冬の知床が織りなす自然の恵みをめいっぱい堪能しました。「新体験のアクティビティをしてみたい!」という方は、真冬の知床へ出かけてみるのも面白いですよ。

紹介してくれたのは…
小林 希さん(旅作家)
元編集者。29歳で会社を辞めて世界一人旅へ。一年後帰国して旅作家に転身。旅、島、猫をテーマに著書多数。世界60カ国、日本の島80島をめぐる。
近著『大人のアクティビティ!日本でできる28の夢のような体験』(ワニブックス)
インスタグラム:@nozokoneko 旅するオンラインサロン「しま、ねこ、ときどき海外」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE