CLASSY.

アラサー女子が機内で快適に過ごすためのアイテムリスト【月2で国際線を利用するトラベルライターが推薦!】

突然ですが、機内に持ち込む荷物の準備、ちゃんと出来ていますか?旅行の準備といえば旅先で着る洋服や化粧品など、預け荷物にばかり気持ちが行きがちですよね。そこで今回は【機内で快適に過ごすためのアイテムリスト】をご紹介していきます。ネックピローなどの定番グッズ以外で、つい忘れがちなものを女性目線でピックアップしています。これを読めば、長時間フライトも快適に過ごせること間違いなし!

機内の湿度は砂漠並み!?乾燥対策は万全に!

飛行機内の湿度は10〜20%とかなり乾燥しているのをご存知でしたか?フライト時間が長くなると10%を切ることもあるそう。乾燥しているイメージの砂漠でさえ平均湿度は20~25%もあり、実は機内の方が断然 乾燥しています。お肌や喉の乾燥対策がマストなのは言うまでもありません。

【お水】は1リットル以上持ち込む!

長時間のフライトでは水分不足になりがち。機内では定期的にお水が配られますが、毎回CAさんにお願いするのも大変ですよね。筆者の場合、長時間フライトの際は1リットルくらいのお水を機内に持ち込みます。保安検査を終えてから購入したお水であれば機内への持ち込みもOKです。

喉とお肌の保湿には【マスク】が便利!

マスクは機内の乾燥した空気から 喉を守ってくれます。大きめのマスクは顔の保湿にも効果があり、とても便利です。日本では種類豊富な高機能マスクが発売されているので、行きの分と帰りの分を合わせて日本から持っていくのがオススメ!

お肌の乾燥対策も忘れずに!【メイク落とし&保湿クリーム】

内側からだけでなく外側からも水分補給は欠かせません。メイクしている場合は搭乗してからオフしておくと良いでしょう。ノーメイクの方がこまめに保湿することができます。メイク落としや保湿クリームなどの液体物も定められたサイズであれば機内に持ち込み可能です。

むくみ対策次第で現地到着後のコンディションが変わる!

機内では気圧の影響や同じ姿勢で長時間過ごすため、浮腫に悩まされる方も多いですよね。着陸後もむくみで靴が履けず、仕方なくスリッパのまま飛行機を降りた、なんて経験をした方もいるのでは?前述した水分補給もむくみ対策には効果があります。

浮腫んだ足の救世主!【着圧ソックス】

様々な種類の着圧ソックスが売られていますが、フライト用や就寝時用のものを選ぶのがベター。あまりキツすぎないものを選びましょう。商品によっては色やデザインが派手だったりするので、恥ずかしい場合はマキシワンピースなどの下に履くのがオススメです!

【スリッパ】に履き替えてリラックスして過ごす!

長時間のフライトでは、靴を脱いでリラックスして過ごす方も多いですよね。お手洗いへ行く度に、何度も靴の脱ぎ履きするのは大変です。そんな悩みを解決してくれるのがスリッパ。最近では折りたたみ出来るコンパクトなものも売られているので嵩張りません。

映画を見ながらコロコロむくみ取り【ミニリファ】

むくみや肩こりが辛くなってきたら、ミニサイズのリファでマッサージ。最近は各メーカーから 持ち運びに便利なコンパクトサイズのマッサージ器が発売されています。1つあると便利なアイテムです。

意外と忘れがち!?寒さ対策も忘れずに!

羽織やストール、ヒートテック、カイロなどがあると便利です。特にLCCは機内が寒い上、ブランケットが有料だったりするので、寒さ対策グッズの持ち込みはマスト!通常の航空会社であっても機材よっては寒いこともあるので、対策しておいて損はないでしょう。筆者自身、一度 行きの飛行機が寒すぎて風邪を引いたことがあり、それ以降はLCCに限らず寒さ対策には気を使っています。

【女性の一人旅】機内での貴重品管理は大丈夫?

一人旅の時、機内で特に注意したいのが貴重品の管理。座席上の収納も常にチェックするのは難しいし、座席下に荷物を置いたとしても、席を離れる際に全ての手荷物を持って行くのは大変です。

そこで役に立つのがミニポーチ。パスポートや現金、クレジットカード、機内で外したアクセサリーなどを一つにまとめておきます。席を外すときも持ち歩くことができて安心。旅先で使うミニバッグやショルダーウォレットで代用することもできます。ポーチの中に1本ボールペンを入れておくと、入国書類を記入するときにサッと取り出せて便利です。

【その他】あると便利なアイテムリスト!

リラックスしたい時、肩が凝って辛い時に。【ロールオンオイル】

①Aesopのフライト・コンセントレート
機内ではなかなか寝られない時にオススメ。ロールオンタイプで使いやすく、ラベンダーの香りがリラックス効果抜群。

②AVEDAのクーリング・バランシング・オイル
肩が凝って辛い時にオススメ。メントール配合で塗った箇所がひんやりします。

お家気分でリラックス【ノンカフェインのお茶】

日系の航空会社であれば日本茶の提供もありますが、外資系の場合はコーヒー紅茶のみの場合がほとんど。「温かいものを飲みたいけどコーヒー紅茶はあまり好きではない」という方は、家から飲み慣れたお茶をいくつか持ち込むのもオススメです。お湯を貰うだけなので手軽に楽しめます。

長時間フライトの暇つぶしに!【タブレット】

長時間のフライトだと機内エンターテイメントにも飽きてきますよね。長時間フライトの際は タブレットに映画やドラマ、電子書籍をダウンロードして持ち込みます。USBケーブルで充電できる機材も増えているので、充電ケーブルもセットで持ち込むと便利です。

ロストバゲージ対策に!【現地で必要なもの1泊分】

空港に到着して待てど暮らせど、預けたスーツケースが出てこない。そんな経験したくはないけど、意外と多いトラブルが【ロストバゲージ】。対策として出来るのは、機内に1日分の着替えやどうしても旅先で必要なものを持ち込むこと!最悪、現地で買うからOKという方は気にしなくても大丈夫です。

しっかり準備をすれば、長時間フライトも怖くない!

月に2回は国際線に搭乗している筆者が、実際に機内に持ち込んでいるものを女性目線でリストにしました。フライト時間や利用する航空会社に合わせて毎回持ち込むものは変わります。必要そうなものをピックアップして機内に持ち込んでみてくださいね!

山水 由里絵(やまみず ゆりえ)/トラベルライター
大学卒業後は広告代理店に勤務し、結婚を機に中国へ引越し。現在はCLASSY.読者と同世代のトラベルライターとして活動中。日本から行くよりも近くなった東南アジア旅行や お隣 香港でグルメ巡りがマイブーム。
これまで旅した22カ国49都市の中でも、結婚式を挙げ 学生時代に留学していた”ニューヨーク”は何度もリピートする大好きな街。2019年9月よりCLASSY.ONLINEで随筆をスタート。
Instagram:@yuuurie_1211

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE