失敗しがち!「海外旅行プラン決め」5つの間違いって?【トラベルライターの実話】

失敗しがち!「海外旅行プラン決め」5つの間違いって?【トラベルライターの実話】

そろそろ年末年始の旅行計画を立て始めたいと思っている人もいるのでは?アラサー世代の女子旅は、旅行代理店のツアーではなく個人手配する人も多いですよね!そこで今回は海外旅行のプラン決めにおける、実は間違っている!5つのことをご紹介していきます(すべて22カ国旅をしてきたトラベルライターの実話です!)。これを読んで、今後の旅のプラン決めにいかしてみてくださいね。

プラン決めの間違い①やりたい事が沢山!予定を詰めすぎて疲労困憊。何が旅行の目的だっけ?

観光もグルメもショッピングも気になるところが沢山!余韻に浸ることなく次の場所へ移動していたらヘトヘトに。「無駄なく回れたはいいけど、あれ?何が旅行の目的だっけ?」なんて思った経験を生かして まずは1つメインの目的を決め、次に行きたいところやトライしたいアクティビティなどに優先順位をつけてプラン決めをしています。あくまでも筆者の場合ですが 例えば「サグラダファミリアを見たいからバルセロナへ」「水上コテージに泊まりたいからモルディブへ」「旬の上海蟹を食べたいから上海へ」など、「これが見たい」「ここに泊まりたい」「これが食べたい」 というようなメインの目的ありきで目的地を決めることが多いです。

プラン決めの間違い②先に行きたいホテルを予約!フライトが満席で予約できず、予定を組み直し

旅行の行き先が確定したら、ホテルステイが旅の目的の場合を除いて まず「航空券」を押さえます。というのもホテルは代わりが効きますが、飛行機は代わりが効かないからです。希望の時間のフライトが取れないと現地での滞在時間が短くなったり トランジットが上手くいかなかったりすることも。また、万が一のキャンセルや変更時にかかる手数料やマイルの加算率についても予約前に要確認!フライト検索には「Skyscaner(スカイスキャナー)」などの航空各社のチケット価格比較専用サイトを利用することが多いです。

国際線→国内線のトランジットは最低でも2時間は余裕を見て予約!
ツアーではなく個人旅行の場合、乗り継ぎの時間なども加味してフライトを予約する必要があります。国際線から国内線に乗り換える場合は入国審査があったりターミナルの移動が必要だったり、航空会社が異なる場合は一度荷物を受け取らなければいけないこともあるので要注意!

プラン決めの間違い③紙の地図に情報を書き込み準備万全!地図をなくして路頭に迷う!?

以前は地図は断然紙派だったのですが、一度旅行中に紙の地図を紛失したことがあり それ以降は専らオンラインマップ派に!行きたい場所やレストランは全て1度「Google map」の保存機能に落とし込み、自分だけのオリジナルマップを作ります。オフラインでも利用できる上に 近くにある場所が一目で分かり、効率よく回ることができるのでオススメです。

プラン決めの間違い④初めて泊まるホテルをネットで予約!当日到着して嫌な予感。「あれ?写真と全然違う!!」

「ホテル選びを失敗しないコツってあるの?」最近よく友人に聞かれる質問です。

実際に失敗した経験から学んだ「 ホテル選び」のポイントは3つ!

1、ホテルはキャンセル可で予約する
ホテルは宿泊日が近づくにつれて値下げされることも多いので、基本的にはキャンセル可で予約します。直近で急に決まった旅行の場合はキャンセル不可で取ることも。
2、予約サイトの☆の数だけでなく、レビューもチェック
バックパッカーなどで旅慣れている欧米人と日本人の観光客では一言で「綺麗」と言っても異なることが多いと感じます。感覚の合いそうな日本人のレビューを中心にチェックします。
3、実際に宿泊した人の写真や動画を確認できるInstagramやYouTubeを利用するのもオススメ!
ホテルのオフィシャル写真は全体の雰囲気を掴むのには便利ですが、「実際に泊まった人のリアルな写真が見たい!」という場合はInstagramも要チェック!写真だけでは伝わりにくいお部屋の広さをチェックしたい場合はYouTubeで調べるのもオススメ。

プラン決めの間違い⑤ビーチでのんびり「何もしない贅沢」を楽しむ予定が「雨季」で大雨!何もできない旅に

これは東南アジア旅行にハマり始めた頃にした失敗です。東南アジアは雨季と乾季の2つの季節に分かれていることが多く、乾季は一般的にベストシーズンとされている時期で 雨季は雨が多く観光などには不向きな時期です。一言で「雨季」と言っても1日に数回スコールがあり それ以外の時間は晴れているという場所や、1日を通して雨が降り続くという場所まで様々です。また、雨季は海の透明度が下がるのもマイナスポイント。海の透明度を売りにしているようなリゾートは雨季を避けるのがベター。ただ、雨季のメリットとしてはホテルや航空券が安くなること!目的に合わせて雨季をあえて選んで旅するのも お得に楽しむポイントです。

人気アジアビーチリゾートの雨季
【インドネシア バリ島】 11月〜3月
【マレーシア ランカウイ島】 6月〜11月
【ベトナム ダナン】 9月〜2月
【タイ プーケット】 5月〜10月

最後に要チェック!

渡航する国が定めるビザの有無やパスポート残存有効期間のチェックなどもお忘れなく。国によっては6ヶ月以上のパスポート残存有効期間を要求されることもあります。また、海外旅行保険の付いたクレジットカードで航空券やホテルを支払うことで、別途保険加入が不要になる場合も!事前に確認しておくと安心です。

旅にトラブルや失敗はつきもの。思い残すことがある方が次回また その土地に行くのが楽しみに!

もちろん全て予定通り行くのがベストですが旅にトラブルや予定変更は付き物!今回行きたかったけど行けなかったスポットやイベントが残っていた方が次回また同じ場所へ行くきっかけや楽しみにもなります。次の旅の計画を立てる時 是非参考にしてみてください!

山水 由里絵(やまみず ゆりえ)/トラベルライター
大学卒業後は広告代理店に勤務し、結婚を機に中国へ引越し。現在はCLASSY.読者と同世代のトラベルライターとして活動中。日本から行くよりも近くなった東南アジア旅行や お隣 香港でグルメ巡りがマイブーム。
これまで旅した22カ国49都市の中でも、結婚式を挙げ 学生時代に留学していた”ニューヨーク”は何度もリピートする大好きな街。2019年9月よりCLASSY.ONLINEで随筆をスタート。
Instagram:@yuuurie_1211

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE