実はスゴイ!秋の「上海」が超絶オススメな4つの理由を、中国在住のアラサー女子が教えます!

実はスゴイ!秋の「上海」が超絶オススメな4つの理由を、中国在住のアラサー女子が教えます!

こんにちは。CLASSY.ONLINEトラベルライターの山水 由里絵(やまみず ゆりえ)です。「上海」と言えば美味しい中華や煌びやかな夜景などが有名ですが、実はおしゃれスポットも沢山あって大人女子旅にオススメの行き先なんです。日本から飛行機でわずか3時間と近場のアジアシティ「上海」。絶品グルメやおしゃれなカフェ、素敵なホテルなどがぎゅっと詰まったコンパクトな都市なので3連休で十分カバーできるので、忙しいアラサー女子の弾丸旅行にもぴったりなんです。旅行のオススメシーズンは「秋」。夏はとても暑く 冬はダウンが必要なくらい寒いのでせっかく行くなら「秋」がおすすめです!今回は「上海」の魅力を中国在住者の私だからこそ、お伝えできる便利情報も交えながらご紹介していきます。

「上海」がオススメな理由①日本の半額以下の価格で高級ホテルに泊まる!

日本では1泊10万円近くしてなかなか手の届かないような高級ホテルも上海なら破格のお値段で泊まれるんです!上海観光と憧れのホテルで日頃の疲れを癒すご褒美旅行をしてみるのはいかがでしょうか?

実際に泊まった「Four Seasons Hotel Pudong Shanghai(フォーシーズンズホテル浦东上海)」をご紹介

上海のビジネス街「浦东(プードン)」は多くの高層ビルが立ち並び、外資系ホテルも多いエリア。夜は高層ビル群がライトアップされ華やかな景色が楽しめます。日本では1泊10万円前後もする憧れのホテル「Four Seasons Hotel(フォーシーズンズホテル)」も上海なら約25,000円〜(1,764RMB)で宿泊可能なんです!(1RMB= 15.22円 ※2019年9月20日現在)

大きな窓がある豪華なプールも要チェックです♪

Four Seasons Hotel Pudong Shanghai(上海浦东四季酒店)
住所:上海市浦东新区世纪大道210号二十一世纪大厦1楼

他にも泊まってみたい上海の人気ホテルはこちら!

上海には前出の「Four Seasons Hotel(フォーシーズンズホテル)」以外にも「Park Hyatt(パーク ハイアット)」や「The Ritz Carlton(ザ リッツ カールトン)」など日本でも人気のホテルが沢山あります。

「上海」がオススメな理由②やっぱり「上海蟹」は外せない!

上海の秋の味覚といえば「上海蟹」。中国語では「大闸蟹(ダージャーシエ)」と言います。1年を通して養殖の上海蟹を出しているお店も多くありますが、旬の時期は旅行オススメシーズンの「秋」と重なる、10月〜12月!せっかくなら旬の時期にいただきたいですよね。まずはシンプルに「蒸し上海蟹」を。10月は雄、11月は雌が美味しい時期です。蒸し上海蟹をオーダーすると雄にするか雌にするか聞かれることがありますので参考までに。

蟹味噌を贅沢に使った上海蟹麺の有名店「蟹家大院」は必食!

上海蟹のフルコースもいいけれど、サクッと上海蟹を楽しみたいなら「蟹家大院(シエジアダーユエン)」がオススメ!シグニチャーディッシュの上海蟹は絶品!お値段は少ししますが、日本でお目にかかれないような大量の濃厚蟹味噌は必食です!上海市内に3店舗あり、どの店舗もランチタイム・ディナータイム共に行列しています。予約が出来ないのでオープンと同時か、少し時間をずらして来店すると待ち時間が少なくてスムーズです。上海蟹麺以外にも「上海蟹の紹興酒漬け」は なかなか日本では頂けない一品です。上海蟹麺 360RMB=約5,500円(1RMB= 15.22円 ※2019年9月20日現在)

蟹家大院(外滩店)
住所:上海市黄浦区广东路59号

「上海」がオススメな理由③ヨーロッパ風の街並みが楽しめるおしゃれなエリアが映える!

19世紀から20世紀前半にかけて外国人用居留地として使われていた建物が多く残されているエリア「外滩(The Bund)」や最新のお店やレストランが集まるエリア「新天地」など、上海には欧米風のおしゃれスポットがたくさん。写真をたくさん撮りたくなるエリアの一つです。

「外滩(The Bund)」の川沿いに並ぶヨーロッパ建築のライトアップは必見!

川沿いに並ぶヨーロッパ式建築は、昔は外国人居留地として使われてましたが、現在は銀行やホテルに内部がリノベーションされ今でも現役で使われています。異国情緒漂うヨーロッパ建築のライトアップは息を飲む美しさ。※ライトアップは毎日 日没から22時まで。

「新天地」エリアの最新スポットを散策!

「新天地」エリアにはおしゃれな最新スポットが集まっています。テラス席のあるカフェやレストランなどが立ち並び、中国にいるのを忘れてしまうような雰囲気です。

おすすめの1軒はアイスクリームショップ「Pree」。中国版の食べログ「大众(ダージョン)」で見つけたお店で、ふわふわ食感のアイスクリームやスパークリングワインと一緒にサーブされるアイスキャンディなど一捻りした珍しいジェラートがいただけます。

「上海」がオススメな理由④高層ビル群に囲まれた公園で紅葉鑑賞

実際に私も住むまで知りませんでしたが、上海には日本同様、四季があるので紅葉が楽しめます。紅葉の見頃は東京よりも遅めの11月末から12月上旬。上海市内に点在する綺麗に整備された公園の中で1番のオススメのスポットをご紹介します。

高層ビル群に囲まれた広大な公園の銀杏並木は必見!

高層ビル群がそびえ立つ浦东(プードン)エリアに位置する緑いっぱいの公園「陆家嘴中心绿地(Lujiazui Central Green Space)」。よく整備されていてベンチもあるので、のんびり静かに紅葉を眺めることができます。

陆家嘴中心绿地
住所:上海市浦东新区陆家嘴环路717号临

旅行前に知っておきたい【中国便利情報】

GoogleやLINEが使えない!?日本と同じようにネットを使う方法

中国ではネットの検閲があるため日本で使えるようなGoogle、LINE、Instagramなどのアプリが使えません。それは困る!という方におすすめなのが「VPN」というインターネット迂回接続アプリ!渡航前にVPNのアプリをダウンロードしておけば日本と同じようにネットに接続することが可能です。使えるVPNアプリはその時々によって異なるので幾つかダウンロードしておくと安心です。

オススメ便利アプリ①中国版Google Map「百度地图(バイドゥマップ)」

VPNを繋いでGoogle mapを開いたとしても、現地の中国人はGoogle mapを利用しないためお店などの情報が少なく少し不便です。地図アプリに関していうなら現地のアプリ「百度地图(バイドゥマップ)」が便利。タクシーに乗るときなど、地図アプリでお店の情報を見せるだけで済むので中国語が喋れなくても安心です。

オススメ便利アプリ②中国版食べログ「大众(ダージョン)」

レストランに行ったけど全て中国語で書いてあって何を頼んだらいいのか分からない!そんな時にオススメなのが中国版食べログ「大众(ダージョン)」です。アプリの使い方は食べログと同じで、店ごとに店舗と料理の写真や評価が書いてあります。お店ごとに人気の料理ランキングが掲載されているので、それを見せてオーダーすることも可能です!

秋は上海のベストシーズン!

日本から飛行機で3時間と近いけれど十分海外感も味わえる「上海」。紅葉した秋の街並みを歩きながらグルメ巡りや最新スポットにトライしてみてはいかがでしょうか?

山水 由里絵(やまみず ゆりえ)/トラベルライター
大学卒業後は広告代理店に勤務し、結婚を機に中国へ引越し。現在はCLASSY.読者と同世代のトラベルライターとして活動中。日本から行くよりも近くなった東南アジア旅行や お隣 香港でグルメ巡りがマイブーム。
これまで旅した22カ国48都市の中でも、結婚式を挙げ 学生時代に留学していた”ニューヨーク”は何度もリピートする大好きな街。2019年9月よりCLASSY.ONLINEで随筆をスタート。
Instagram:@yuuurie_1211

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE